生賴範義さん

生賴範義さんの「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」風にしてほしいと恩田さんに言われたんですが、と早川書房のS澤さんに無茶振りされたのは10年以上前のことだ。
恩田陸さんの「ロミオとロミオは永遠に」をJコレクションで出すことになった時のことである。
「ロミオとロミオは永遠に」はSFマガジン連載時に僕が挿絵をつけさせてもらっていた。
もちろん単行本の表紙は僕でなくてもいいわけで、S澤さんにしても僕が無理なら他の人(もしかすると生賴さん本人)に頼もうと考えていたに違いない。
しかし僕はこの作品に思い入れがあったし、出来れば表紙を描かせてほしかった。
とはいえ、あの生賴範義画伯である。
「風」と言われて「風」に描ける相手ではない。
「帝国の逆襲」のポスターは、ジョージ・ルーカス自ら生賴さんに依頼した国際版ポスターである。
パンフか何かがどこかにあるはずなのだが、例によって見つからない。
とりあえずアマゾンのユーズドで野田昌宏さんが訳された徳間文庫のノベライズ版(表紙が生賴さんのポスターだった)を入手し、それを拡大コピーして模写した。
かっこいい。
そして難しい。
当たり前だが。
模写を元に「ロミオとロミオ」の表紙絵のカラーラフを描いた。
その模写とカラーラフを両方S澤さんに送りつけて返事を待つ。
幸いOKが出て、僕が表紙を担当させてもらえることになった。
キャンバスにリキテックスでかなり大きめに描いた。
僕としてはかなり気合を入れて描いたつもりだ。
恩田さんは気に入ってくれたみたいでそれはとても嬉しかったのだが、後で東京創元社のK浜さんには、全然違う、と言われてちょっとへこんだ。
まあ、一朝一夕で「生賴範義風」が描ければ苦労はないのである。
生賴さんと言うと身の程知らずに「生賴風」に取り組んだあの頃のことをまず思い出す。

生賴さんの絵を最初に意識して見たのは、ご多分に漏れず平井和正さんのウルフガイシリーズだと思う。
中学時代にはまった。
生賴さんの描く犬神明は(ヤングもアダルトも)かっこよかった。
生賴さんの描く青鹿先生は中学生には相当エロかった。
表紙や口絵のカラー画ももちろんいいのだが、白黒の中イラストも魅力的だった。
「スターログ」の生賴特集を見て、その唯一無比の技術とセンスと世界観に感動した。
「帝国の逆襲」の国際版ポスターが生賴さんの絵になった時は我がことのように誇らしかったし、平成ゴジラシリーズのポスターを生賴さんが描くことになった時も嬉しかった。

去年の春、みやざきアートセンターで「生賴範義展」が開催された時ははるばる宮崎まで見にいった。
ゴジラのポスターや小松左京さん、平井和正さんを始め数多くの小説の表紙絵、「SFアドベンチャー」の表紙絵、それら原画を目の当たりにすることは至福だった。
宮崎滞在中に二回見にいった。
宮崎は神話の地でもあるが、その宮崎で生賴さんの絵を見ることには特別な意味があるように感じた。
生賴さんが神話だった。
今年の夏も同じみやざきアートセンターで「生賴範義展Ⅱ 記憶の回廊」が開かれ、やはり二回見にいった。
来年冬に開催される予定の「生賴範義展Ⅲ」も行くつもりだ。

デッサン力、色彩感覚、構図、描写力、ヴィジョン、アイディア、全てにおいて生賴さんは卓越していた。
人物を描いてもメカを描いても怪獣を描いても宇宙を描いても上手かった。
戦後出版美術の巨人だった。

生賴さんの訃報を聞いた翌日、1回生の授業で生賴さんの紹介をした。
持っていった生賴さんの画集を何人かの学生が食い入るように見ていた。
生賴さんの画業はこれからも絵を志す人間をインスパイアするだろう。
生賴さん、ありがとうございました。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR