アマハラ

維新派の舞台を初めて観たのは20代最後の日のことだ。1992年7月16日。屋内公演ながら強烈な印象だった。その秋に観た大阪南港での野外舞台版「虹市」ですっかりファンになってしまった。
あれからもう24年も経つのだと考えるとびっくりする。その間維新派の舞台は全部ではないがほとんど観ている。僕にとってそんな劇団は維新派しかない。
その維新派の主催者松本雄吉さんが今年6月に亡くなった。呆然とした。今年になって松本さんが維新派以外で演出をした「レミング」と「PORTAL」を観ていたので、なおさらショックだった。
だから秋の公演が予定通り行われることになったのを知ったときは嬉しかった。

維新派最終公演「アマハラ」を観た。
実は平城宮跡に来るのは初めてだ。こんなに広い平らな地面に何もない。壮大でありシュールですらある。
その何もない空間の中にいつもの屋台村が現れる。
維新派の屋外公演といえば屋台村だ。雑多で怪しげで祝祭的だ。
開演時間はまだ陽が残っている17時15分。舞台は巨大な船の形をしている。
静かに舞台が始まる。
平城京と遣唐使のイメージ。海を渡る人々。時は流れ明治期に南洋を目指した人たち。南の島々。野心。成功と挫折。そして戦争。
白塗りの少年たち、少女たち、帽子をかぶった女たち、言葉遊び、内橋和久さんの音楽、巨大な動く美術、舞台の向こうに広がるアマハラ。
クライマックスでは涙がこぼれた。
維新派の最後を飾るのにふさわしい舞台だったと思う。

舞台が終わった後もしばらく実駒と屋台村で名残を惜しんだ。
クロワッサン・サーカスの曲芸も楽しんだ。
維新派の舞台も屋台村ももう来ることはないんだな。
まだ実感が湧かない。
ありがとう、維新派。
そしてさようなら。
スポンサーサイト

来てけつかるべき新世界

劇団ヨーロッパ企画の公演「来てけつかるべき新世界」を観た。
京都府立文化芸術会館の初日である。
ヨーロッパ企画はずいぶん昔、たぶん2000年の「冬のユリゲラー」を最初に観て爆笑した。
「サマータイムマシンブルース」の目もくらむようなトリッキーな脚本には本当に感激した。
しばらく観ていなかった時期もあるのだけど、2013年の「建てましにつぐ建てましポルカ」と2014年の「ビルのゲイツ」は観ている。いずれも面白かった。
去年のはなぜか観逃していて、2年ぶりのヨーロッパ企画である。
タイトルがいい。
「来るべき世界」と言えば手塚治虫の初期代表作のタイトルでもあり、H.G.ウェルズの古典SF(読んでない)とその映画化作品(観てない)のタイトルでもある。
それが「来てけつかるべき新世界」である。
「新世界」は文字通りのテクノロジーが今より発達した世界という意味と大阪の地名とをかけている。
大阪新世界×近未来SFである。
後は何を言ってもネタバレになってしまうのだけど、吉本新喜劇ががっつりSFをやったという感じの、笑いあり涙ありシンギュラリティーありの新世界サイバー喜劇。
五部構成で練り上げられた脚本はリアルな日常からあっと驚くところまで観客を連れて行ってくれる。
そして役者陣の見事な大阪のおっさんぶり。
サイバー演劇らしい実験的な演出も随所に見られる。
一粒で何度もおいしい充実の舞台でした。

いい日、お遊戯。

「いい日、お遊戯。」という舞台を観た。
元恵比寿マスカッツの西野翔さんが主演の舞台があると言うので、予備知識なしで観にいったのである。
脚本・演出は石山英憲という人で、いい日シリーズの第5弾だそうである。

舞台は幼稚園で、そこに新しく入園してきた子どものお母さんが西野翔さん。
チラシを見たイメージで、西野翔さんは幼稚園の先生だと思い込んでいたのでちょっとびっくりした。
そうか、西野翔さんがお母さん役かあ。
年齢的にはおかしくはないけどそういうイメージなかったなあ。
西野翔さん演じる仁科さんは、訳ありのシングルマザーで、その幼稚園の卒園生でもある。
竹匠さん演じる園長先生はかつての仁科さんの先生でもある。

その幼稚園ではニコニコ発表会という園児の親たちによる発表会がある。
そのニコニコ発表会でピーターパンの芝居をやろうということになるのだが、一癖も二癖もある親たちはなかなかまとまらない。

基本的に群像劇で、親同士、あるいは親と園の先生たちとのぶつかり合いがこの舞台の肝。
全くテーマは違うが「十二人の怒れる男」をちょっと連想した。
仕事にしか関心がなく子育ては妻に任せっきりにしている父親、いつもアルコールの匂いをさせているスナックを経営している母親、演劇部の顧問をしている高校の教員と元教え子だったその妻など、キャラクターは分かりやすく色付けされている。
ちなみに子どもは出てこない。

最初はちょっと乗れなかったのだけど、ピーターパンの芝居の練習を始める辺りから面白くなった。
演劇部の顧問の小坂さん(滝上裕二)がキレキレのキャラクターで、すごくおかしい。
仕事人間の高沢さん(伊藤武雄)も憎たらしくもリアリティーがある。
西野翔さんも芸達者な役者さんの中でがんばっていたが、西野さん演じる仁科さんはどちらかというと狂言回し的なキャラクターで、実は物語の中で一番大きく変化するのはこの仕事人間の高沢さんとその従順な奥さんである。

次から次へといろんな問題が起きて、親たちも先生たちも悩みながら成長していく。
それを笑いを基調に快適なテンポで描いて楽しめた。
他のお母さんとの浮気がばれた高沢さんとその奥さんの関係をみんなで一芝居打って解決していくクライマックスはさすがにちょっと無理があると思ったけど、その後に用意されている園長と副園長(寿崎千尋)の大人の恋の行方がむしろぐっと来た。
寿崎千尋さんの演技は幅が広くて深みがあり、個性的な役者さん達の中でも目を引いた。

全く予備知識なしで観にいったけど十分満足しました。
みなさま、おつかれさま。

空ヲ刻ム者

1週間以上前になるが、スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)「空ヲ刻ム者ー若き仏師の物語」を観にいった。
歌舞伎なんて普段は縁がなくて自分からはなかなか観にいかないんだけど、友人に誘われたのでついていったのである。
実はスーパー歌舞伎は昔「ヤマトタケル」を観ている。
最後にヤマトタケルが白鳥になって飛んでいくシーンは覚えているのだが、あとはあんまり覚えていない。
テーマが露骨に出過ぎているように感じたのは覚えている。
どういうテーマだったかを覚えていないのだが。

スーパー歌舞伎Ⅱは先代の市川猿之助(現・猿翁)から今の4代目市川猿之助が引き継いだものだそう。
歌舞伎を見ないので、歌舞伎とスーパー歌舞伎がどう違うのか、ちゃんと説明出来ないけど、照明や美術、音楽などは現代演劇のものに近い。
歌舞伎の現代ヴァージョンと思えばいいんじゃないのかな。

物語は作・演出の前川知大さんのオリジナルで、平安時代(たぶん)の若い仏師・十和(これが市川猿之助)とその友人で領主の息子・和馬(佐々木蔵之介)を中心に、芸術と宗教、宗教と政治、政治と民衆の関係をドラマチックに描いたもの。
お話自体はすごく分かりやすく、起伏に富んでいて、長い上演時間を感じさせない。
休憩を2回はさんで、なんど4時間半もあるのだ。

美術や照明がとにかく派手で見応えあるのだが、そのド派手な美術・照明に歌舞伎独特の肉体表現が拮抗しているのがたぶんスーパー歌舞伎の醍醐味なんだと思う。
歌舞伎役者の発声法や大見得切る所作は派手な演出に映える。
現代演劇からは佐々木蔵之介さん、浅野和之さん、福士誠治さんの3人が出ているのだけど、この三人もよかった。
特に老婆・鳴子を演じた浅野和之さんの怪演はなかなかに忘れ難い。
クライマックスはかなりアクロバティックなアクションもあって、エンターテイメント性の高さは抜群。
もちろん吊りもあるよ。

あと、女形というのはすごいもんだなあ。
女盗賊の双葉(市川笑也)も悪女の時子(市川春猿)も女性にしか見えない。
何しろ初心者なのでそういうところも感心するのだ。

国民の映画

昔、ナチスの幹部たちを一人ずつ描いた海外ドキュメンタリーを見て、みんなそれぞれにキャラが立っていることに感心した。
ヒトラーという人物には安易な理解を拒むところがある。
それに比べるとナチスの幹部たちはまだ理解しやすい。
そして一人一人が実に個性的で、ある意味魅力的でさえあった。
中でも宣伝大臣ゲッベルズには興味を引かれた。

三谷幸喜さんがそのゲッベルズを主人公にした舞台をやるというので、観にいった。
実は再演なのだが、知らなかった。
たまたまこの間三谷さんの映画「清須会議」を観て面白かったので三谷さんのことが気になっていて、そんな時にこの「国民の映画」に出演している秋元才加さんのインタビューが京都新聞に載ったのである。
ちなみにAKB48も全然知らないので秋元才加さんのことも、名前は聞いたことある、くらいのレベル。

映画好きだったゲッベルズが、自宅に著名な映画人を招いてパーティをする。
その顛末を描く一幕ものの舞台。
ヨゼフ・ゲッベルズを小日向文世さん、映画に全く興味のない親衛隊隊長ハインリヒ・ヒムラーを段田安則さん、尊大で芸術好きなモルヒネ中毒の空軍元帥ヘルマン・ゲーリングを渡辺徹さんが演じている。
映画人は名優エミール・ヤニングスを風間杜夫さんが演じている他、映画監督レニ・リーフェンシュタール、作家のエーリヒ・ケストナーらが登場。
秋元才加さんは新人女優のエルザ・フェーゼンマイヤーという、これは架空の人物(モデルはあるそう)。
そして、これも架空の人物である優秀な執事フリッツがキーパーソンになっている。

全部で12名の人物が登場するのだが、さすがに三谷幸喜さん、それぞれのキャラクターを実に魅力的に描き分けている。
段田安則さんのヒムラーが特にいい。
ドキュメンタリーで見たヒムラーは、その悪魔的な所業と裏腹にどちらかと言うと小役人タイプの男である。
段田さんのヒムラーは、園芸が趣味で極度の猫舌で冷めたホットミルクが好きで、しかし底に冷酷さを秘めたキャラクターだ。
舞台は全体としてはコメディの味付けで、ヒムラーもすごくおかしいのだが、それでいてヒムラーと言う人物の不気味さも十分醸し出している。
渡辺徹さんのゲーリングも魅力的。
尊大だがユーモアに溢れた人物として描いている。
けっこういい奴に見える。

小日向さんのゲッベルズは、どこか劣等感を抱えながらそれを打ち消さんがために自分を大きく見せようとしているような人物。
神経質で臆病なのだが、それでいて高慢。
映画が好きで、「風と共に去りぬ」を越えるような映画を作りたいと夢想している。
そして、それを実現するための権力を彼は握っている。

理想の夫婦を演じているが実はすっかり関係の冷めている妻マグダと、新しい愛人エルザ、昔からゲッベルズと親しく交わりながら一線を引いているレニなど、女性たちの関係もスリリングに描かれている。
秋元さん、名優たちの中でかなりがんばってました。
十分存在感あった。

物語は登場人物たちそれぞれの思惑が複雑に交差しながら、笑いを織り交ぜて展開していく。
そして終盤になって、「ユダヤ人問題の最終的解決」の話がいささか唐突に出て、そこからそれぞれの決断がある。

ナチスという暗い闇にも中に分け入ってみればそこに人間的なドラマがある。
そのある意味で普通の人間たちが時代の中で巨大な悪をなす。
微視的視点の面白さで引っ張っていって、最後に俯瞰した時に見えてくる埋めようのない空虚さ。
面白うてやがて恐ろしき舞台。
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR