スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋のスポーツ祭

今月12日は地域のスポーツ祭だった。
去年から地域の体育振興会、略して体振の役員というのをしている。
任期は2年である。
そういうわけで、地域のスポーツ祭ともなれば参加しないわけにはいかないのだ。
去年は入試と重なっていて残念ながら(?)出場できなかったのだが、今年はがっつり参加した。

正直なところ、台風来てくれたら休みになって助かるなあ、と思う程度には面倒だった。
朝は憂鬱だった。
しかし行ってしばらくするとそれなりに楽しくなってくるものである。
なんといっても高校の体育祭以来何十年ぶりかのスポーツ祭である。
ああ、なんか懐かしいな、こういうの。
石灰で線引いてるの見ても懐かしい。

体振は人数の足りていない種目には全部出る。
人数集めも大変だったのだが、それは大先輩におまかせだった。
僕は審判係もしていたので、自分が出る種目以外では審判役もした。
審判、って言っても4位の人に4位のカードを渡す、とかそういう簡単なお仕事。

出場したのは、町別対抗リレーボール競走、混合町別対抗綱引き(予選の部)、町別対抗400才リレー、混合町別対抗綱引き(決勝の部)、町別対抗年齢別リレーの5種目。
本当は町別対抗四人むかで競争とかにも出場する予定だったのだが、後述するように名誉の負傷をして免除してもらった。
しかしそれにしてもリレーに二つも出てるのだ。(リレーボール競争も入れると三つ)
走るの遅いのに。
学校時代もリレーなんて出たことないよ。

400才リレーというのは、走者11名の年齢が400才以上になるようにしてあるリレー。
100メートル走らなければならない。
100メートル全力で走ったのなんて何十年ぶりだろうか。
100メートルはおろか、全力疾走というものを何十年もしてない。
それをいきなり練習もなしに走るのだ。
バトンを渡されても、なんだかからだがふわふわして上手く走れない。
走っているのか泳いでいるのかもよく分からない感覚だ。
次の走者が見えてきてバトンを渡す直前に足がもつれて派手にこけた。
こけたままバトンを渡した。
右の肘のあたりを派手に擦りむいた。

体振に看護師の人がいて、手当をしてくれた。
綱引きの時にずれるといけないというので包帯もしてもらって、実際の怪我よりだいぶ派手なことになった。
ちなみに去年バレーボール大会に出た時も僕は足を捻挫している。
出るたんびに怪我をしているかっこうだ。

いくつかの競技は怪我を理由に免除してもらったが、年齢別リレーは50歳代が僕しかいないという理由で、やはり走ることになった。
小学生から始まって、50歳代がアンカーである。
アンカー。
やだなあ。
それだけは勘弁してほしいなあ。
と思ったが仕方ないのだった。
4つの町で競うのだが、僕の前までは三位だった。
子どもたちはなかなか健闘していた。
なんとか三位を保たねば。
あと、こけないように気をつけねば。
そう思って走ったのだが、あっさり抜かれた。
50歳代でも鍛えている人は鍛えているのだ。
全然勝負にならない。
面目ない。

綱引きは勝ちましたよ。
やっぱり勝つと気持ちいいなあ。

終わったあとは公民館で懇親会。
買い出しにも行った。
まあ、たまにはこういう日があっていい。
来年は体振ではなくなっているけど、出ろと言われれば出てもいい気にはなった。
でもリレーはもう勘弁してほしいなあ。
スポンサーサイト

町別対抗バレーボール大会(その2)

そして6月16日日曜日、町別対抗バレーボール大会当日が訪れたのである。
お弁当は、たぶんなんかいるんだと思うけど、朝適当にコンビニで買うからいいよ、と実駒に言ったのだが、哀れんでくれて即席でお弁当を作ってくれた。

僕らのK町男子チームはメンバーが七人。
一人余る計算なので、上手くいけば試合から外れられるのではないか、という淡い期待もつかの間。
いきなりメンバーになって、ろくに練習もしないまま本番という大ピンチ。
実際に始まってみると手よりもむしろ足が動かない。
よたよたと足がもつれる。
なんとか来たボールに腕を当てるくらいは出来るけど、ボールの向かう先まで気を使う余裕はない。
周りのサポートに助けられて、必死にボールを追う。
サーブがいちおう全部入ったのだけが救い。
そうこうするうちに第1セットが終わる。
我がチームが第1セット取られたのだが、何点差だったのかも覚えていない。
ひー、もうよれよれですよ。
汗だくですよ。
まだ第2セットあるの?
もうだいぶ息上がってるんですけど。
そして第2セット中盤でよろよろボールを追っていたら左足をぐねってしまってあえなくリタイア。

結局第2セットも取られて第1回戦は敗退。
第2回戦は応援に回ったけど、こちらもストレート負けだった。
でも僕は実はだんだんバレーボール大会を楽しむ心境になってきたのだ。
あまり知らなかった地域の人とも少し仲よくなれたし、負けはしたものの、第1回戦が終わった後に飲んだアクエリアスは極上の味だった。
他チームの点数まくりの仕事もした。
僕はこういう単純だけど正確さが要求される仕事が苦手だ。
間違って2枚めくってしまったらどうしよう、とか考えてけっこう緊張した。
緊張していたせいか、飛んできたボールを顔面で受けて眼鏡飛ばす、というお約束ギャグもばっちりだ。

K町女子チームは不甲斐ない男子チームよりずっと健闘していて、そちらの応援にも行った。
女子チームはなんかちゃんとバレーボールの体をなしている。
ちゃんとレシーブ、トス、アタックという流れになっていて、おお、と思った。
男子チームは向こうに返すので精一杯だったからね。
いや、僕だけではなく。

なんだかんだで僕は町別対抗バレーボール大会というイベントをかなり楽しんだ。
あと、やっぱり少しは運動しないと駄目だな、と改めて思った。
なかなか充実した一日ではあった。

あ、お弁当は町内会で出してくれた。
先に言ってくれよ。
僕はもちろん愛妻弁当の方を食べましたよ。
もらったお弁当は晩ご飯になりましたとさ。

町別対抗バレーボール大会(その1)

町内の組長を引き受けたとき、僕はもう一つ役職を引き受けている。
「体振」という役職である。
たぶん、体育振興なんとか、なのだと思うが、未だに正式名称を知らない。
実は最初は「○○さんに体振引き受けてもらえないか聞いてもらえへんか?」と頼まれたのだ。
○○さんは同じ組の人だが、その時は面識がなかった。
「引き受けてもらえそうな人なんですが?」と聞くと、「いやあ、無理やと思うけどなあ。」という返事だった。
面識のない人に頭を下げて無理なお願い事をして断られた挙句自分が引き受けることになる、という未来がた易く想像できた。
それくらいなら、最初から引き受けた方がストレスが少ないだろうと思って引き受けたのだ。
体振は、選手ではなく、審判とか裏方の方がメインだと聞いていたし。

で、今日が初仕事のバレーボール大会だったのだ。

昨日まで一週間練習の期間があったのだけど、忙しかったこともあり参加していなかった。
でも、人数ぎりぎりなので体振も参加しなくてはならないらしいことはうすうす感じていた。
昨日の最終練習日には顔合わせも兼ねて、会場であるM小学校の体育館にやっと出かけた。
実は昨日になって、体育館でやるんだったらなんか上履き的なものがいるんだよなあ、と思って、昨日用事があって行っていた実家の近くの、作業着とか作業靴を売っているお店で安い靴を買った。
それほどのやる気のなさだったのだ。
で、M小学校の体育館の近くまで来て、これはまずい、と思った。
中に入るまでもなく、なんか熱気のようなものが漂ってくるのである。
正直地域のバレーボール大会なんて、もっとゆるゆるなものを想像していたわけですよ。
なんか、もう練習中にビール飲んでるくらいの勢いの。
全然違う。
これはまじだ。
アウェー感ハンパない。
簡単な打ち合わせをしたら、練習に参加することもなく、逃げるように熱血ムードの体育館を離れた。
昼ご飯がどうなっているのか、と言うのも聞くの忘れた。
あ、この時、組長は任期1年だけど、体振は2年というのも初めて知った。
えー、まじかよ。

地縁

オープンキャンパスを終えたあと、新米組長として自治会の定期総会なるものに出席したのだ。
右も左も分からない中での出席である。
どきどきである。

公民館というものにも初めて入ったのだが、思った以上にたくさんの人がいて驚いた。
自治会、思っていた以上に大きな組織である。
役職だけでも一度に覚えきれないくらいある。
年配の方が多いがちらほら若い人もいる。
といっても僕とあまり変らないくらいの年である。

平成24年度の決算に始まり、平成25年度の年間行事や予算について決められていく。
年間行事もけっこうある。
何年もここに住んでいながら、あまり知らなかった。
町内の問題についても発言があり、大変勉強になった。

実は僕が住んでいるところは、けっこう歴史のある地域なのである。
最初に引っ越してきた時に当時の自治会長からお話を伺ったのを思い出す。
今まで地縁というものをあまり意識しない生活をしてきたのだが、どうも僕も地縁の中での生活を考えるべき時が来ているのではないか。
そう思わせられた夜であった。
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。