火の鳥・鳳凰編とナゾー

化野念仏寺に取材に行くついでにと、それよりちょっと北にある愛宕念仏寺に行ってきた。
ちなみに化野は「あだしの」、愛宕は「おたぎ」と読む。
愛宕の方は知らなかった。あたごちゃうのか。
で、この愛宕念仏寺がすごくインパクトのあるお寺だったのだ。
お寺の庭中に石像が置いてある。
一個一個やたら個性的な石像である。
それがひたすらたくさん置いてある。
手塚治虫の「火の鳥・鳳凰編」で我王が良弁上人に言われて作った泥人形みたいな感じ、といえば分かる人には分かるであろう。
分からない人は「火の鳥・鳳凰編」を読みなさい。
我王は「一時間三十八分ジャストで115体」の泥人形を作るのだけど、ここにある石像は全部で1200体ある。10倍以上である。
いや、僕が数えたんじゃないけど、パンフレットにそう書いてあった。人をむやみに疑ってはいけない。
石像の中にはウォークマンをつけたのまであって、そういうセンスまで手塚先生風である。
京都嵯峨嵐山にお出かけの際はぜひここまで足をのばしてください。
気軽に異界が覗けます。

卵続報
今朝の目玉焼きは卵二つで四つ目でした。
アニメの「黄金バット」にナゾーという悪役が出てきて四つ目なんだけど、それを思い出しながら食した。
残り一個です。むー。
スポンサーサイト

御披露目会

後輩Mちゃんの結婚御披露目会に行く。
受付で会費を出そうとして、財布の中に7000円しかないことに気がついた。
会費は8000円なのだ。
受付をしていたのがクラブの同期のHさんで、1000円立て替えてもらう。
けっこうなさけない。
しかし会は盛り上がり、懐かしい人たちとも話が出来たし、新郎新婦も幸せそうでめでたいかぎりなのだった。
で、たいへん幸福な気分で会場を離れて、お金返すのを忘れてた。
すまん、Hさん。
今度返します。

ケインへの道

久しぶりにジムに行った。
前に行ったのが3月29日だからほとんど半年ぶりなのだ。
最近会う人会う人に、太った?と言われて、さすがにこれはいかんだろうと思ったのである。
とりあえずエアロバイクというやつをやった。
要するに走らない自転車みたいなやつである。
半年前までは60分これをやっていたのだが、今日は20分にしておいた。
しばらく走ると苦しくなった。
やはり20分でも長いなあ、と思いながら表示を見たら「残り時間15分」と書いてある。
・・・・・・・・
5分かい!!
迷わず負荷を下げた。
なんとか20分走り終えると「ごはん0.7杯分=ソフトクリーム1個」と出た。
脱力した。

半年でいかに体力が落ちるか痛感した。
これからはマメに行こうと決意する。
この半年真面目にジム通いしていれば今ごろケインだったのだが、いたしかたない。

帰って目玉焼きを作ったら、また双子だった。
もったいないので食べたが、さすがにこれはおかしくない?

訳あって京都の川のことを調べたり調べてもらったりしている。
京都市の北には加茂川と高野川という川があって、出町で合流して鴨川になる。
鴨川は京都市の東側を流れている。
京都市の中央には堀川という川があって、今はほとんど水が流れていない。
京都市の西には桂川という川が流れている。
つまり
l;Y
という並びである。
lが桂川、;が堀川、Yの上の半分が加茂川と高野川で下半分が鴨川である。
ところが実は堀川というのはもともと加茂川の本流で、今の鴨川は本来高野川だったらしい。
つまり、
l l l
という並びだったのだ。
一番左が桂川、真中が加茂川、右が高野川。
その川筋を曲げて、加茂川と高野川を合流させて、今の鴨川ができたということらしい。
けっこう驚いた。(京都人には周知のことかもしれないんだけど。)

何気なく見ている穏やかそうな川にもいろいろ歴史があるわけで、けっこう苦労したんだなあと思ってみたり。

ふたごたまご

この間、卵2個を使って目玉焼きを作ったら2個とも双子だった。
計4個。ちょっと得した気分になった。
その次の日にまた卵2個使って目玉焼きを作った。
また2個とも双子だった。ちょっと気持ち悪くなった。
今日おそるおそる卵2個でオムレツを作った。
1個は普通の卵だったが1個はまた双子だった。
6個中5個。
なんか変な薬使ってないか!?
養鶏場の人!!

まだ4個残ってるんですけど…

さむっ

何かといろいろ忙しい一日が終わって、コンビニでお茶でも買おうと深夜外に出たら寒いの凍えるのしばれるの、びっくりした。
東の空にはオリオンが出ていた。
律儀に地球は回っていて季節は変わっているのだった。
アイス買おうと思ったけどやめた。

実写まちがい探し

某OB展で長く伝統として受け継がれているものに実写まちがい探しというものがある。
搬出日の6時ごろ、その場にいるメンバーによって行われる秘めやかな行事。

2枚の記念写真を撮る。
一見するとあたかも同じものに見える2枚の写真。
しかし実は7箇所違うところがあるのだ。
それで実写まちがい探し。
入念な打ち合わせとリハーサル、激しい討論、コンセプトの確認、ディテールへのこだわり、思わぬハプニング、被写体側とスタッフ側の信頼関係、時間との戦い、創造の喜び、それら全てを内包して、僕らは写真を撮る。2枚の写真を撮る。
宇宙の秘密を封じこめるように。

ぜひとも近いうちにアップしたいね、あかねちゃん。

商美

というのが僕が高校の頃に入っていたクラブの名前で、正確には「商業美術部」という。その商美のOB展を今やっている。
よく続いているもんだなあ、と思う。
僕が卒業した年にOB会が出来て、僕の学年が「3班」だった。
今年の春卒業した人が「25班」。
僕らで22歳離れていて、「1班」の先輩とは2回り違う。
OB展も3年目くらいからあるはずだから、20年は続いていることになる。
二百何十人だかいるメンバーのうち、今でも出品したり来場したりしてくれる人は一握りだし、グループ展としてのレベルが高いとも思わないけど、それでもそういう場が続いていることはちょっと誇らしい。

他流試合

今日はマンガ学科で新しく取り組む「環境取材演習」のことで環境社会学科の先生のところにおじゃましたのだ。
とても実り多い会談であった。
なにしろマンガというのはマンガだけ勉強していても描けないのだ。
それで「他学部との連携」ということは前々から考えていたのだけど、「環境問題」なんていうものを扱うとみんな「よいこのマンガ」を描いてしまうのではないかなあ、とそういう危惧もしていたのである。
それで、どんなものかなあ、と思いながらおそるおそる行ったのだけど、こちらの考えていることはとてもよく理解してもらえた。
やはり大事なことというのは共通しているのだなあ、とも思ったし、さすがに餅は餅屋だと思うこともあり、刺激にもなったし勉強にもなった。
せっかくいろいろな学部が同じ大学の中にあるのだから、利用しない手はない、とあらためて思うのであった。
こんなことばかりしてるとほんと時間がいくらあっても足りないんだけどね。

ねむねむな日

やたら眠かったのだ。
起きるのも一苦労だったし起きて掃除をするのもだるだるだったし大学行っても眠いし春眠暁を覚えずと言う奴?ちがう?なにいま秋?ふうん。
もう寝ます。おやすみなさい。
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR