スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争という日常/日常という戦争

G会館で「アバウト・シュミット」と「戦場のピアニスト」の
2本立てを観る。

ロマン・ポランスキーの「戦場のピアニスト」はナチス占領下の
ワルシャワを生き延びたユダヤ人ピアニストの実話を映画化したもの。
ポランスキー自身が戦火のポーランドを生き延びたユダヤ人である。
映画は世界史上最大の狂気に包まれた町を生きた人々を、
丹念に、誇張を交えず、むしろ淡々と描く。
路上に子供や老人の死体が無造作に放置され、人々は面白半分に殺される、
そのような町で、人々は生きた。
彼らにとってそれが日常だった。
迫害される者にとっても、迫害する者にとっても、庇う者にとっても、
裏切る者にとっても。
映画は時代が変わっても変わらぬ日常のありようを丁寧に描くことで
想像を絶する状況を想像の圏内に引き込むことに成功している。

アレクサンダー・ペインという僕とあまり年の変わらない監督の作品
「アバウト・シュミット」では特別な状況は何もない。
定年退職を迎えた男シュミットが自分の人生に向き合う日々を描いた作品。
そのごくありふれた初老の男をあまりありふれているとはいえない役者
ジャック・ニコルソンが好演している。
ありふれた時代のありふれた男のありふれた人生は、しかし当の本人に
とっては、唯一のものである。
妻の死も娘の意に添わぬ結婚も本人にとっては人生の大問題である。
シュミットはその中で悩み、もがき、一つ山を越えたと思ったら
また次の山にぶつかる。
他のどの時代の人生に比べてもその人生が軽いものであるわけではなく、
というよりそもそも比較することができるものではない。

男は定年退職の後、テレビの広告を見てアフリカの少年のフォスター・
ペアレントになる。
その少年に自分の日常を事細かに知らせる手紙が映画の中で効果的に
使われている。
男にとってアフリカの少年の日常が想像の彼方のことであるように、
少年にとっては(実はまだ字は読めないのだけれど)、シュミットの
手紙に書かれる日常は「映画の中のことのよう」に思えるかもしれない。
スポンサーサイト

ハングル

このあいだ買った三修堂の「ポータブル日韓・韓日辞典」を見ていて、
あれ?と思った。
辞書の部分は特に問題ないのである。
普通に辞書として読めるのである。
ところがなぜか凡例がハングルで書いてあるのだ。
読めない。
どこかに日本語の凡例が載っているはずだと思ってぱらぱらめくるが、
ないのである。
おかしい、と思って奥付を見たら「本書は、元来、われわれが日本語を
学ぶことを目的に編纂されたものです。」
とあった。
タイトルも日本語だしケースの裏にも「『日韓・韓日』辞典の決定版」と
日本語で書かれているのだ。
普通日本人向けだと思うよなあ。

自らをほめる

仕事終わって帰ってから鴨川べりを走る。
9月12日からランニングを始めて、一月以上たったのだけど、
ちゃんと週に3回くらいは走っているのだ。
けっこうえらくない?

寒い

3日前のあの暑さは何だったのだ、という冷えこみ。
冬も近いのだねえ。

大学の購買部で日韓韓日辞書を買う。

ガレ

京都駅ビルの美術館でエミール・ガレ展をやっているので
見に行った。
ガラス作品は今までにも何度か見ているのだけれど、
今回は机や棚など、寄木細工の家具も置いてあって、
それがまた見事なのだった。

会場にガレの工房の集合写真がおいてあって、それも
なかなかに味わい深い。
それぞれ一癖ありそうな職人さんたちが手に手に
作りかけの飾り棚などを持って写っている。
小学生くらいの子供もいる。
誇らしげである。

暑い

長袖のシャツにジャケットを着ていったら暑かった。
夜ランニングに行くときも、今年はもう着ないだろうと
思っていたビンタン(インドネシアのビール)マークの
タンクトップで行ったのだけど、それでも暑かった。
下も短パンでよかったかもしれない。
何日か前には長袖のTシャツにウインドブレーカーまで
着て走ったのにこれはいったいいかなることか。

川崎ゆきおさん

出町柳のトランスポップ・ギャラリーでやっている
オルタナティブ・コミック講座というものを受講しているのだが
今回のゲストが「猟奇王」の<a href=http://www.kawasakiyukio.com/ target=_blank>川崎ゆきお先生</a>だった。
なんというかすごく味のある人なのだ、
というような凡庸な形容しかできないのが大変歯がゆいのだが。
しかしここで話を再現してもなかなかあの面白さは伝わるものではない。
催しの後、個人的に少し話をさせていただいた。
大学のマンガ学科というところで教えているのだというと、
とても真剣にマンガをどう教えるべきかについて考えてくださった。
たいへんよい人なのだ、
とまたしても凡庸極まりない表現しか出来ないのだけれど。

探さないでください

講談社から風野潮さんの「満月を忘れるな!」が送られてくる。
同居人が早速読んでイラストのミス(複数)を発見する。
気をつけたつもりだったんだけど。。。

蜘蛛の糸

会議待ちで長いすに座っていたら
目の前を小さな蜘蛛が糸を伝って下りてきた。
するすると下りて床に着地し、数歩歩いたかとみると
またするすると天井に上がっていった。
とても天井の高い部屋なのである。
蜘蛛を尊敬した。

グーチョキパン

授業で「魔女の宅急便」を学生と見る。
キキの下宿するパン屋の名前が「グーチョキパン屋」だというのは
知らなかった。
グーチョキパンで検索をかけたら、けっこうその名前の
実在のパン屋があるのだった。
タスマニアにモデルになったパン屋があるという情報も、いくつかの
サイトに書いてある。
本当かどうかは知らないけど。
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。