チーズとワイン

訳あってエロイラストを描いた後、自宅で友人とチーズとワインでプチパーティ。
蝋燭つけて南米系の音楽かけて青春とかについて語る。
スポンサーサイト

祇園会館二本立て

「白いカラス」と「真珠の耳飾りの少女」の二本立て。
大変いい二本立てだったんだけどこちらのコンディションがいまひとつ。
しかしやはり「真珠の耳飾りの少女」の映像は素晴らしい。
オールタイムベストの一本。

模擬授業

高校生相手にワークショップ。
身近にあった出来事をマンガにする、がテーマで日記マンガのようなものを描いてもらった。
みんなそこそこちゃんとマンガらしいマンガを描いてくる。
マンガが共通言語となりつつあることが実感する。

白のふわふわ

話・絵=山名沢湖の「白のふわふわ」(エンターブレイン)が大変よい。
ちょっとヘンで可愛くて、かと思ったら毒もある、山名沢湖の独特の世界がみっちり。
「白のふわふわ」と今日は手に入れそびれた「スミレステッチ」と明日発売予定の「委員長お手をどうぞ」、3冊ほぼ同時発売で今月は山名沢湖月。
自称ライバルとしてはうれしいやら悔しいやら。

ダイエット

最近いろんな人から太ったと言われるので、大学の行き帰り、自宅と出町柳の間の京阪二駅分を歩くことにした。
だいたい片道30分くらい。
ランニングとか踏み台とかやってみたのだけれど、ダイエットのためのダイエットというのは長続きしない。
単に意志薄弱といわれればそうだけどさ。
やはり実際に移動する必然性があるところを歩く、というのが一番よいのではないかという結論に達したわけである。
あとは間食。
なるべく避けること。
特に甘いもの。

上品なSFとあまり上品ではないスリラー

「CODE46」と「SAW ソウ」を観る。

「CODE46」は洗練されたかっこいいSFだったんだけど、途中大事なところで寝てしまいました。
で、あんまりちゃんとした感想が書けない。面目ない。
最近3本に1本くらいのわりで寝る。映画の出来とか関係なく。
年かね。

観る予定ではなかった「SAW ソウ」の方は起きて観ました。
「セブン」を被害者の視点で描いたようなサスペンスというかホラーというかサイコスリラー系の映画。
品格と言う点では「セブン」に遠く及ばないんだけど、全編サービス精神にあふれたB級映画。
けっこう楽しんで観た。

しゅうほう先生

<a href="http://www1.odn.ne.jp/syufo-magazine/" target="_blank">板橋しゅうほう先生</a>と飲みに行く。
しゅうほう先生は今うちの大学に非常勤で来ていただいているのだけれど、たいへん学生思いのいい先生である。
学生話とかアート話などで盛り上がる。
2件目はカラオケのあるスナックで焼酎を飲みながら歌う。
たいへんいい気分。

京フェス

京都SFフェスティバル、略して京フェスに参加する。
正確には京フェス合宿に参加する。
日中の本会の方は今年はパス。
作家や編集者も来るオタクの集まりで、夜通し行われる合宿は異様な熱気につつまれる。
今年は同居人が合宿企画の一つを主催。
どうなることかとひやひやしたが、なかなかいい感じに盛り上がってほっとする。
その後は<a href="http://www014.upp.so-net.ne.jp/t-kita/index.html" target="_blank">喜多哲士くん</a>の名盤アワー。
「老人と子供のポルカ」が懐かしかった。ズビズバー、パパパヤー。やめてけれやめてけれやめてーれゲバゲバ。(知らないですか、こんな歌)
あとはだらだらと酒を飲みながらオタク話に打ち興じる。
僕は途中で寝部屋に引き上げたけど、同居人は朝まで絶好調で飛ばしていた模様。

さえない日

今日はしようと思っていたことがことごとく出来なかったり不首尾に終わったりとさえない一日だった。
悪い日もあればいい日もあるだろうと考えて早寝する。

雨が降ります雨が降る

遊びに行きたし金はなし。
それはともかく、この季節の冷たい雨は苦手だ。
今でも十分寒いような気がするのだけれど、この雨が雪に変わるのだと思うと、ロマンチックな感慨など全くなく、嫌な季節になったなあと思う。
毎年書いてる気がするが寒いのが本当に苦手なのである。
早く春にならないかなあ。
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR