河童のクゥと夏休み

「河童のクゥと夏休み」を観る。
題材は取り立てて新しいものではない。
「ET」とか「あらいぐまラスカル」とかと同じ。
別の世界からやってきた生き物が主人公と仲良くなり、最後には去っていく。
そういう話だ。
原恵一監督の名を広く知らしめた「クレヨンしんちゃん」はテレビ版も劇場版も観ていない。
キャラクターも地味だ。
それでもこの映画には劇場で観てみたいという気を起こさせるものがあった。
そして映画は期待以上に面白かった。
予想を超えるものは何もない。
子供たちの日常を描く腕はさすがにお手のものだ。
現代社会に対する風刺も利いている。
しかしこの映画を僕は優れたモンスター映画として観た。
「フランケンシュタイン」でも「キングコング」でもモンスター映画というのは本来哀しいものだ。
この映画にはその哀しさがある。

観客の大半は子連れだった。
やかましいのを覚悟して観たが、館内は静かなものだった。
子供たちもこの映画に魅せられたのだと思う。
夏休み映画かくあるべし。
そんな映画だ。
スポンサーサイト

トランスフォーマー

友人Y君と「トランスフォーマー」を観にいく。
製作総指揮スティーブン・スピルバーグ、監督マイケル・ベイ
という胡散臭げなビッグ・ネームが二つついた作品。
はっきり言って映画の体をなしていない。
脚本があまりにお粗末。
ご都合主義と呼べるほどのつじつま合わせすらされていない。
マイケル・ベイ監督にはSFのセンスが微塵もない。
ユーモラスな映画であることを意図しているようにも見えるが
監督にはユーモアのセンスも欠けているようだ。
元々は玩具のキャラクターとは言え、扱いようによっては面白く
なりえた題材だと思うが、これはセンスなさすぎ。
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR