スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死者をめぐる2本の映画

「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」と「ピアノチューナー・オブ・アースクエイク」を観る。
実は2本とも2回目。

1968年の「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」から数えて5本目になるジョージ・A・ロメロのゾンビ映画最新作「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」。
「ランド・オブ・ザ・デッド」までの4本はそれぞれ独立した映画ではあるけど、同じ時系列にあるシリーズ作品として観ることが可能だった。
今回の「ダイアリー」はそれとは趣が異なり、もう一度始めから死者たちの物語を始めようとする。
死人が生き返り、人を襲う。
「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」が描いた終末の始まりが、40年後の世界で再び始まる。
違いはメディアの進化。
インターネットでの情報のやりとりが当たり前になった21世紀のゾンビ誕生譚。
全編フェイク・ドキュメンタリーの手法で主人公たちが見たままの世界が展開する。
主人公たちがピッツバーグの学生で自主映画を撮っているのは若い頃のロメロ自身の姿が投影されているだろう。
アル中気味の教授には今のロメロの心境が投影されているに違いない。
今まで以上に生身のロメロが出ている作品だと思う。
前作「ランド・オブ・ザ・デッド」までの作品には、絶望の果てに希望を見るペシミスティックなオプティミストのまなざしがあった。
今回の「ダイアリー」はどうだろう。
ユーモアはある。
特にアーミッシュのサミュエルという人物が登場するエピソードのそれは顕著だ。
しかし、映画は、自分たちに救われる価値があるのか、という重い問いかけで終わる。
人間に対する深い不信感がそこにはある。
では、ロメロは本当に人間に絶望しているだろうか。
決してそうではないと思う。
老教授は自分の教え子である学生たちにシンパシーを感じている。
若者に託す希望を彼は失っていない。
世界は最悪だ。
でも君たちはそこで生き残れ。
ロメロの声が聞こえる。

「ピアノチューナー・オブ・アースクエイク」は異色のアニメ作家ブラザーズ・クエイの長編作品。
ほとんどは実写で、何箇所かにアニメーションが入る。
古い怪奇映画を思わせる映像。
そして音楽。
電気で死者を蘇らせる博士、孤島のアサイラム、幽閉された歌姫、オートマタの調律をまかされる調律師。
時代の先端を常に意識しているロメロとは正反対に、ブラザーズ・クエイは懐古主義的な自分たちの世界に固執し続ける。
それが潔くもある。
甘美でエロティックな幻想譚。
スポンサーサイト

「縛師」と「LOOK」

「縛師」は11月30日に観た。
バクシと言っても指輪物語をアニメ化した人ではなく。
なんてことを覚えている人もすでに珍しかろうが。
緊縛師、縄師とも言われる、女性を縄で縛ることを生業としている人のことだ。
「縛師」は濡木痴夢男、雪村春樹、有末剛、という3人の縛師へのインタビューと実際の緊縛プレイで構成されたドキュメンタリー。
縛師というのは不思議な存在だ。
縛られてる女性はM女と言えるだろうが、縛る縛師はSという感じがしない。
非常にジェントルな印象を受ける。
雪村春樹さんは、縛られることは強く抱擁されることと同じだと言っている。
女性に奉仕するのだとも。
職人的な手さばきで黙々と女性を縛り上げていく縛師の姿はストイックだ。
アートと言うより、茶道、華道などと同じように縄道というものがあるような気がする。
SMの世界を描いていながら、猥褻感はあまりなく、とてもきれいなものを見たという印象。
AV女優でマンガ家でもある卯月妙子さんも出ていて、背中一面の刺青も美しく、有末剛氏の縄で縛られていく姿には崇高なエロティシズムを感じた。
緊縛写真の第一人者、杉浦則夫さんの撮影現場も興味深かった。
アシスタントに怒鳴り散らしながらすごい気迫でシャッターを押していく。
何であれ、第一人者となる人は迫力が違うな、と感心。

「LOOK」は先週12月4日に観た。
アメリカでは防犯のための監視カメラが3000万台以上設置され、毎週40億時間以上の映像が撮られ、アメリカ人は一日平均200回以上監視カメラに写されている。
この映画は全編その監視カメラで撮られた映像を使用した映画。
というので、てっきりドキュメンタリーだと思っていた。
観始めてしばらくして、いや、それはないだろう、と思い始めたんだけど、映画が終わるまで、もしかしたら、と思い続けていた。
で、もちろんこの映画はドキュメタンリーではないです。
脚本のある話を役者が演じて、それを監視カメラで撮ったフェイク・ドキュメタンリー。
9.11以降の監視社会に対して警鐘を鳴らそうというような意図があったのかもしれないけど、どちらかというと人のプライバシーを覗き見する楽しさがこの映画の味噌。
リアリティがあって、ちょっとブラックな味も利いていて面白い。
自分もこんな風に撮られるとしたらかなりいやだけど。

アジアン・パワー

今日は本当は「ピアノチューナー・オブ・アースクエイク」と「トロピカル・サンダー」を観に出かけたのだ。
ところが手違いで「D-WARS ディー・ウォーズ」と「レッドクリフ PartI」を観ることになった。
どういう手違いかはめんどうくさいので書かないのだ。

「D-WARS ディー・ウォーズ」は韓国人のシム・ヒョンレ監督がL.A.で撮った怪獣映画。
ネットの噂によると「CG時代のエド・ウッド」なんて言われていて、それは観なくては、と思った。
エド・ウッド観たことないんだけど。
で、観てみたら、確かに脚本はすごく稚拙なんだけど、案外テンポもよく、普通に楽しんで観てしまった。
都市に大怪獣が現れる映画ってのは、やっぱりいいなあ。
「トランスフォーマー」の時はさんざんこき下ろしたんだけど、要するに僕はメカより怪獣が好きな子供だった、ということなんだなあ、と思った。

三国志には全く関心がなかったのだけど、さる事情で横山光輝先生の「三国志」60巻をそろえて、半分くらいまでは読んだ。
どういう事情かはこれもめんどうくさいので書かないのだ。
そんなわけで赤壁の戦いのあたりはマンガで読んでいたので、ちょっと興味が出て「レッドクリフ」を観てみた。
なんというか、すごい物量。
CGでだいぶかさ上げしてるんだと思うけど、それでもこのエキストラは半端じゃない。
主要登場人物は出てくるたびに字幕で名前と簡単な説明が入る。
三国志に馴染みのない観客のために懇切丁寧な心配り。
基本的に戦争映画(どの時代であれ)にはあまり興味がないんだけど、この映画の合戦シーンは楽しめた。
キャラクターも立っていて、関羽がかっこよかった。
あと、横山先生のマンガには女性があまり出てこないんだけど、この映画では孫権の妹の尚香というキャラクターがいい。
来年春には後編が上映されるそうなので、楽しみに待つことにする。

本当は今週は他にも映画観てるんだけど、暇を見てそれについても書きます。
別に映画サイトじゃないんだけど。
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。