愛のむきだし

園子温監督は自主制作映画時代の「自転車吐息」を観ている。
その映画は面白かったのだが、「ガロ」に書いていた文章が自意識過剰な感じで苦手だったのでその後は敬遠していた。
話題になった「自殺サークル」も観なかった。
今回観ようと思ったのは、予告編がずいぶん面白そうだったからだが、別に満島ひかりのパンチラ(というかパンモロ)につられたわけではない。
嘘です。ちょっとつられた。
(ちなみに満島ひかりが「ウルトラマンマックス」のエリーであることには本編の真ん中あたりで気がついた。ウィキで調べたらけっこう各方面で活躍してるのね。「農業少女」にも出てるのか。)
観客は思いのほか男の人が多くて、やはり満島ひかりのパンチラ(というかパンモロ)につられた人が多かったのではないか。

最初から話がそれたが、園子温監督の約4時間に及ぶ純愛エンターテイメント「愛のむきだし」を観た。
面白かった。
途中休憩が入るとは言え237分は長尺だが、ちっとも長さを感じさせない。
宗教と性愛をテーマにすえ、決して軽くはない作品でありながら、基本エンターテイメントだ。
最初から最後までおいしい。
満島ひかり演じるヨーコのパンチラ(というかパンモロ)は決してただの観客サービスではない。
物語の中で大変重要な機能を果たしている。
全てはヨーコのパンチラ(というかパンモロ)から始まると言っていいほどだ。
それはある種の聖性をまとって描かれる。
いや、それはまあ、男って馬鹿だなあという話なんだけど、この映画の満島ひかりのパンチラ(パンモロ)は実にもう切ないまでの憧憬を感じさせるシーンなのだ。
そこで恋に落ちる純真な変態少年ユウを西島隆弘が好演している。
とにかくかわいくてまっすぐなのだ。
満島ひかりもパンチラパンチラばかり書いてますが、その演技力も素晴らしく、「ウルトラマンマックス」の時からは想像も出来ない見事な女優ぶり。
あと、新興宗教の女コイケ役を演じている安藤サクラもすごくて、この若手3人がとにかくがんばっている。
物語は破天荒で一見キワモノ風だが、芯はまっすぐな純愛映画。
堪能した。

というわけで園子温監督、今まで敬遠していて損をした。
みなみ会館で園子温ナイトやらないかな。
絶対観にいきます。
スポンサーサイト

ヤッターマン

かげぼし君と行くつもりだった「ヤッターマン」を一人で観にいく。
映画は面白かった。
日本ではあまり成功例のないマンガ、アニメの実写化だが、さすが三池崇史監督、いい仕事してます。
生瀬勝久のボヤッキーは予想通りはまり役だったし、ケンドーコバヤシのトンズラーは想像以上によかった。
深キョンのドロンジョ様もチャーミングだった。
馬鹿馬鹿しいことを真面目にやっているのがいい。
オリジナルに対するリスペクトが感じられるところも。
かげぼし君もたぶん気に入ったんじゃないかな。
それだけが悔しい。

オリエンテーション

昨日今日とオリエンテーションがあった。
昨日は2回生から4回生、今日は1回生。
いよいよ新学期の始まりだ。
久しぶりに学生や教職員でいっぱいになった大学は活気に満ちている。
近所なんでちょくちょく来る機会はあるんだけど、やはり人がいると全然違うね。
春休みでちょっとだらけていたんだけど、気合入れ直さないと。
ちょっとわくわくしてきた。

一乗寺

前のマンションもその前のマンションもさらにその前のマンションも近所においしいラーメン屋さんがあった。
今の家の近くにはラーメン屋さんがない。
それで今日は一乗寺までラーメンを食べに行った。
一乗寺はそんなに遠くないんだけど、叡電で行くと往復640円かかる。
案外行きにくい。
一乗寺はラーメン屋が多いことでも知られているけど、若者の町だ。
最初に一人暮らししたのがこの町なので、懐かしい。
新しく出来た列のできるラーメン屋さんもあるのだけど、今日はうちの大学の学生がよく出入りしている店にした。
満足。
今日一乗寺まで出かけた大きな目的はラーメンを食べることと銭湯に行くことの二つだったのだけど、昔よく行った銭湯はつぶれていて、もう一軒ある銭湯は本日休業だった。
残念。
古本屋で石森章太郎の「ブルーゾーン」と宮谷一彦の「人魚伝説」を見つけたので買った。
もちろんプレミア価格である。
もっと新しいマンガを読まなくてはと思いつつ、ついこういう本を買ってしまう。
24時間営業の本屋にも寄ったが、ほしい本は何冊もあったけど、古本でだいぶ散財したので今日は止めておく。
たまに行きたくなる町だな、一乗寺。
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR