スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリント・イーストウッド

北海道では初雪が降ったそうだが、京都は暖かいを通り越して暑いくらいの陽気。
昨日ちょっと飲みすぎて、朝ウォーキングに行った後昼頃まで寝ていたのだけど、その後祇園会館にクリント・イーストウッド監督の傑作2本を再び観にいく。
今回は発表順に「チェンジリング」「グラン・トリノ」の順番に観た。

改めて観ると「チェンジリング」は無駄を完全にそぎ落とした緻密な構成の作品だという事がよく分かる。
主演のアンジェリーナ・ジョリーを始めとする俳優陣も素晴らしいし、1920年代のアメリカを再現した美術、衣装も、端正な冴え冴えとした映像でドラマを描ききったカメラも完璧である。
神業的な映画だと思う。
重要な役割を果たす子供たちも印象に残る。
特に殺人を強いられたサンフォードや生き残ってしまったことに自責の念を持つデイヴィッドの痛々しさ。
僕は以前は実話の映画化ということにはあまりいい印象を持っていなかった。
映画は事実をそのまま伝えることは出来ない。
作り手のメッセージを伝えるために事実を利用することは事実に対する冒涜であるとすら思っていた。
今は少し違う意見を持っている。
ある種の事実は、一回限りの出来事でありながら、なんらかの普遍性を開示する。
映画がすべきことはそこに開示された普遍性を描くことにある。
その意味では、この驚くべき事実を掘り起こし執念をもって脚本化したJ・マイケル・ストラジンスキーの功績こそがまず称えられるべきかもしれない。

「グラン・トリノ」はアメリカの小さな町の出来事を描きながら、そこには世界の縮図がある。
主人公はポーランド系で、隣に越してきたのは東南アジアのモン族の家族、黒人もイタリア系もアイルランド系もその土地にはいる。
そこには暴力もあり、対立もある。
世界が直面している問題が箱庭のようにその小さな町に存在している。
世代間の問題と言う時間軸もそこに絡んでいる。
そういう問題に逃げずに向き合った映画であり、辛い結末を知っていてなお、二度目になるこの映画を僕はとても幸福な気持ちで観た。
この映画には優しさと未来に対する信頼がある。
誇りと美学がある。
世代を越えた友情がある。
この映画はクリント・イーストウッドが続く世代に送るエールだと思う。
ラストの海沿いの道はとても肯定的に未来に続いている。
スポンサーサイト

空気人形

実駒と是枝裕和監督の新作「空気人形」を観にいく。
是枝監督は僕も実駒も大ファンなのだ。
業田良家さんのマンガが原作だが、後で読んでみたらとても短い作品で、かなりの部分が是枝監督のオリジナルだと知れた。
もっとも一番印象的なシーンは原作どおりで、是枝監督はそこからイマジネーションを広げてこの切なく美しい作品を作ったのだと思う。
ファンタジーと言うよりメルヒェン。
主演のペ・ドゥナさんは心を持った空気人形が真っ白な心で世界と向き合っていく様をかわいく繊細に演じている。
いっぺんにファンになりました。
そしてこれまでの是枝作品になかった清冽なエロティシズム。
「フランケンシュタイン」に始まる人造人間物語の伝統もきちんと踏まえている。
心を持った空気人形と言えば、僕と同世代の是枝監督のこと、手塚治虫先生の「やけっぱちのマリア」も意識したに違いない。
残酷で哀しい結末にも関わらず、観終わった後優しい風に包まれているような気持ちになる。
映画館を出た後、周りの人を愛しく感じた。

その後は実駒の新しい眼鏡を買いに行った。
セルフレームの眼鏡を二つ買った。

人間の証明

「人間の証明」のDVDを観る。
「母さん、僕のあの帽子、どうしたんでしょうね?」
というキャッチコピーは僕の世代の人間なら誰でも知っている。
谷を麦わら帽子が落ちていく映像も、主題曲も覚えている。
でも映画を観るのはこれが初めてなのだ。
それにしても豪華キャストだ。
岡田茉莉子、松田優作、鶴田浩二、三船敏郎、ハナ肇、夏八木勲、長門博之、竹下景子、岩城滉一、大滝秀司、などなど。
伴淳三郎、范文雀、鈴木ヒロミツ、西川峰子、佐藤蛾次郎、E.H.エリックなんて懐かしい顔も。
で、話はスケールが大きくて大味。
いかにも角川映画だ。
正直今観て感動するのはちょっと難しい。
でもあのキャッチコピーが実は西條八十の詩の一節だと分かって、なんだか昔の宿題が解けたような気分。

明日は「空気人形」観にいくので「探偵物語」はしばらくおあずけ。

野獣死すべし

「野獣死すべし」のDVDを観る。
原作大薮春彦、監督村川透は同じなので、「蘇える金狼」と同じようなダーティーヒーローものだろうと思ったら、松田優作演じる伊達邦彦は「蘇える金狼」の朝倉哲也とはだいぶ違うキャラクターでちょっと驚いた。
この役のために松田優作は8キロも体重を落としたそうだけど、最初松田優作だと分からなかったくらい細い。
鍛えられた肉体を持った「蘇える金狼」の朝倉とはまず見た目が全然違う。
伊達は感情を表に出さず、女にも出世にも興味がない。
実は金にも本当は興味がない。
彼を掻き立てるのは殺人への衝動で、それは終盤の長い独白で明らかにされる。
その内容に作り手の社会派的な問題意識を見ることも可能だが、まあ、それは余計なことだろう。
映画そのものが傑作とだとは思わないけど、松田優作が作り上げた虚無的なキャラクターは忘れがたい印象を残す。
加賀丈史も好演。
小林麻美はあんまり演技してませんが美しいですね。
ていうかすごく懐かしい。
あの時代の美女。

明日は「人間の証明」の予定。

蘇える金狼

松田優作没後20年ということで発売された「松田優作DVD BOX デジタル・リマスター版」を購入。
もう20年も経つのか。
今の学生の半分は優作の死後に生まれたのか。
収録作品は「蘇える金狼」「野獣死すべし」「人間の証明」「探偵物語」。
角川映画である。
これも時代だ。
実は「探偵物語」以外は観たことなかったんだけど、なんか観たことあるような気になっている。
で、今日はまず「蘇える金狼」を観る。

昼間は平凡なサラリーマン朝倉哲也が、実は目的のためには手段を選ばない非情な一匹狼、っていう設定はサラリーマンの人にはけっこうそそるものがあるんだろうな。
僕はまともなサラリーマン生活をしたことないんで、ストーリーはさしていいとは思わなかったし、実際つっこみどころ満載なんだけど、やっぱり優作はかっこいい。
長めの七三分けに太縁眼鏡のサラリーマン姿はかなり情けなくて、髪型を変えサングラスをかけた時との落差はクラーク・ケントとスーパーマン以上。
アクションシーンではあの足の長さが生きる。
凄みのある演技の中にちょこっとコミカルなところを見せて、かっこよさとかわいさが同居している。
あらためてすごく幅のある演技の出来る人だったんだなと思う。

共演陣もいいんだけど、なんと言っても私立探偵役の岸田森の怪演が光る。
絶品である。
こんな怪しい探偵見たことない。

明日は「野獣死すべし」の予定。

さらにドラキュラ2本(その2)

「新・ドラキュラ悪魔の儀式」は「ドラキュラ'72」に続いて、リーがドラキュラを、カッシングがヘルシングを演じた現代ものだが、今回は廃墟となった教会のような昔ながらのホラー的空間がほとんど用意されていない。
いかにも70年代ホラーという感じがする。
作品のスケールは今回はえらくでかくなっていて、ドラキュラは巨大企業のオーナーになっていて、政府の要人やノーベル賞科学者を操り、新種のペスト菌で世界を滅ぼそうとする。
もうこうなると吸血鬼映画の枠を超えてしまっているけど、これはこれで新しい吸血鬼像を作ろうとした試みの一つとして理解できる。
実際、70年台以降の吸血鬼映画は、ただ美女の血を吸っていればいい、というものではなくなった。
それでも多くの作家たちは吸血鬼と言う存在にこだわり続け、新しい吸血鬼像を生み出し続けたのだ。
この作品では、ドラキュラの息のかかったカルト団体の建物の地下室に女吸血鬼たちが鎖につながれているシーンがなかなかいい感じだ。
ヘルシングの孫娘のジェシカたちが女吸血鬼に襲われるシーンはこの映画の白眉だが、どちらかと言うとゾンビ映画に近いテイスト。
ドラキュラが世界を滅ぼそうとしていることに対して、ヘルシングが論争を挑むシーンもなかなかにいい。
ちょっと哲学的な匂いすらする。
作品全体としては成功しているとは言いがたいけど、ちょっと忘れがたい印象を残す映画だ。

ちなみにこのDVDは、他のドラキュラ・シリーズがだいたいワーナーから出ているのに対して、DHDジャパンというところが出している。
ここのDVDを観るのは初めてなんだけど、画質がかなり悪い。
出来たらワーナーから出しなおして欲しいなあ。
貴重な映像がDVD化されること自体は歓迎すべきことだけど、この画質ではちょっと辛いです。
まあ、、昔上映会で観た数々の古いフィルムはだいたいこんなもんだったけど、DVDの映像になれちゃうとこれはきついな。

さらにドラキュラ2本(その1)

「ドラキュラ'72」と「新・ドラキュラ悪魔の儀式」のDVDを観る。
両方ともアラン・ギブソン監督作品。
「ドラキュラ'72」は前作「ドラキュラ復活 血のエクソシズム」の続編ではない。
というか今までのドラキュラ・シリーズのどの作品ともリンクしていない。
冒頭、1872年にドラキュラとヴァン・ヘルシングが走る馬車の上で決闘し、ヘルシングが刺し違えてドラキュラを倒す、というエピソードが描かれる。
これは「吸血鬼ドラキュラ」の設定とは違う。
ちなみにヘルシングのファーストネームはローレンスになっているが、これもこの映画だけの設定だと思う。
原作ではエイブラハム・ヴァン・ヘルシングである。
1872年から1972年に時代が跳ぶシーンはなかなかかっこいい。
19世紀のヘルシングとドラキュラの埋葬のシーンからそのままカメラが空にパンし、そこに飛行機の機影が現れる。
クレーンや現代的な橋の映像が続き、時代が現代に移ったことを印象づける。
続いてヒッピー風の若者たちが現れ、いかにも70年代初頭の雰囲気だ。
ドラキュラの復活自体は廃墟となった教会で行われ、そこだけは昔ながらのハマ・ホラーの雰囲気になっている。
ドラキュラを復活させるのはジョニー・アルカードという悪魔崇拝者の若者で、この辺の雰囲気は「ドラキュラ血の味」とちょっと似ている。

1968年、ジョージ・A・ロメロの「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」とロマン・ポランスキーの「ローズマリーの赤ちゃん」が発表され、ホラー映画は新しい時代を迎えていた。
1970年には現代ものの吸血鬼映画「吸血鬼ヨーガ伯爵」もヒットし、ハマーとしても新しい吸血鬼映画を作る必要があったのだろう。
一気に時代を現代に移し、なおかつハマーの2大スター、クリストファー・リーとピーター・カッシングを再び対決させることで起死回生を狙ったのではないか。
結果、この映画は新しいホラー映画の雰囲気と昔ながらのハマー・ホラーの雰囲気の折衷のような不思議な映画になった。
リーとカッシングの対決は確かに胸踊るものがある。
100年の時を越えてヘルシング一族に復讐しようとするドラキュラと、迎え撃つヘルシングの孫(これをカッシングが2役でやっている)。
このシンプルな構図がいい。
かっこいいじじいの映画になっている。
最後のドラキュラがやられるシーンがちょっと間抜けなんだけど、なかなかがんばった映画だと思う。

ドラキュラ2本(その2)

「ドラキュラ復活 血のエクソシズム」はまた「ドラキュラ血の味」のラストから始まるんだけど、イギリスの、廃墟になった教会が舞台だったはずが、いつの間にか東欧のドラキュラ城に場所が移動している。
しかもドラキュラ城のデザイン、また変わっている。
この辺のゆるさ加減がまたなんとも。
蝙蝠が血をたらしてドラキュラが復活する。
子どもの頃、テレビで初めて観たドラキュラ映画はこれだったと思う。
舞台がドラキュラ城に戻って、ちょっと原点回帰みたいな作品。
ドラキュラ城の城主としての紳士然としたドラキュラが見れる。
原作にはある、壁をはって登るシーンもこの映画にはある。
蝙蝠がこの映画では大活躍。
教会に集まった女たちを大虐殺したり、マイケル・グィン演じる神父を一匹で殺しちゃったり。
シリーズも回を重ねてエログロ路線に行くのは洋の東西を問わないみたい。

でも、わりと評価の低い後期ドラキュラ・シリーズも、一作一作趣向を凝らしていて、それなりに僕は楽しめた。
次回はピーター・カッシングがドラキュラ・シリーズに復帰する「ドラキュラ'72」。

ドラキュラ2本(その1)

「ドラキュラ血の味」と「ドラキュラ復活 血のエクソシズム」のDVDを観る。

「ドラキュラ血の味」は「帰ってきたドラキュラ」のラストシーンから始まる。
滅びたドラキュラのマントと指輪と血(粉末状)をイギリス人の商人が持ち帰る。
ラルフ・ベイツ演じる悪魔崇拝者の若者コートリー卿が人生に飽き飽きして刺激を求める3人のイギリス紳士のお金でそれを買い取り、廃墟になった教会で黒ミサをする。
3人にドラキュラの血を飲むようにコートリーは強要するが、3人はためらい、コートリーは自ら血を飲む。
その途端コートリーは倒れて苦しむのだが3人の紳士はコートリーを杖で打ちすえ、殺して逃げる。
死んだコートリーからドラキュラが復活して、3人の紳士に復讐を誓う。
てな感じでこの作品は始まる。
異色作だ。
売春宿とか黒ミサとかのいかがわしさもこの作品の魅力。
ドラキュラは3人の紳士をそれぞれの娘や息子に殺させるんだけど、その辺の残酷さはいい感じ。
僕が知っている範囲で、吸血鬼が人間を木の杭で殺すシーンがあるのはこの映画だけ。
復讐が終わってからは物語の推進力がなくなって、最後はちょっとぐだぐだな感じで終わっちゃうのが残念。
でもこれ、ドラキュラでなくてもいい話だよなあ、と思ったら、英語版ウィキによると、これ、もともとドラキュラ抜きの話だったらしくて、クリストファー・リーがドラキュラを何回も演じるのを嫌がっていて、ラルフ・ベイツに吸血鬼役をバトンタッチする予定だったらしい。
ところがアメリカの配給会社がドラキュラ抜きの続編に難色を示して、結局リーがまたドラキュラを演じることになったとのこと。
ラルフ・ベイツも悪くなかったけど、リーのドラキュラが続いたのはいいことだと思う。
3人の紳士の一人を007のグレイ国防相役でおなじみのジェフリー・キーンが演じている。
別の一人を演じているピーター・サリスは「ウォレスとグルミット」のウォレスの声をやっている人だそうだ。
ウィキは勉強になるなあ。

帰ってきたドラキュラ

「帰ってきたドラキュラ」を観る。
監督がテレンス・フィッシャーからフレディ・フランシスに代わってのシリーズ第4作。(リーのドラキュラとしては第3作)
テレンス・フィッシャーに比べると気品に欠け、だいぶ俗っぽいが、なかなかの快作だと思う。
基本にラブストーリーがあって、それを取り巻く人間関係も生き生きと描かれている。
そこにドラキュラが絡むわけだが、今回のドラキュラは「凶人ドラキュラ」のドラキュラがほとんどセリフなしだったのに対し、けっこうよくしゃべる。
その分人間的で、神秘性には欠けるが、出番も多く、クリストファー・リーも力演している。
ご都合主義的なところも多い脚本だが、娯楽作としてはまずまず成功しているのではないだろうか。
ところで、ドラキュラ城って毎回デザインが変わるなあ。
それと、ドラキュラのマントの裏地は「吸血鬼ドラキュラ」では黒だったんだけど、前作の「凶人ドラキュラ」から赤に変わっている。
ドラキュラのマントのイメージとしてはこっちの方がポピュラーだね。
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。