花見

宝が池公園で卒業生、在学生、交じっての花見会。
途中たまたまお子さん連れで散歩してらした都留泰作先生と会って、一緒に行く。
竹熊健太郎先生も来ておられた。
都留先生のお子さんはまだ10ヶ月でかわいい。
学生たちもはしゃぐ。
桜は七分咲きだったが、天気もよく絶好の花見日和。
卒業生がこういう風に集まるのもいいし、在学生と交流が出来るのもいいことだ。
僕にとっては数年の差があるだけで、同じ教え子だから、こういう機会があるとうれしい。
これは在学10年になる留学生のG君のおかげ。
僕は持ってきたワインと桜入りのリキュールで気持ちよく酔う。

だいぶ酔ってしまったので、高槻南風楽天で辛いタイカレーを食べて水を大量に飲んで、少し酔いを醒ましてからソラネコ練習の取材。
今日も楽しかった。
ライブとはまた違う楽しさがある。
取材させてくれるソラネコメンバーに感謝。
スポンサーサイト

ゴジラ対メカゴジラ

普天間基地移設地候補地も決まらぬまま3月が終わってしまったけど(腹案があるそうだけど)、そういうこととはあまり関係なくDeAGOSTINI東宝特撮映画DVDコレクション14「ゴジラ対メカゴジラ」である。
メカゴジラとかキングシーサーとか、子どもの頃から馴染みのある怪獣なので観ているような気がしていたけど、観てないな。
観てたらこれは忘れるわけない。
すごく面白かった。
1974年というと、沖縄返還の2年後か。
もう70年台テイストたっぷりの映画だなあ。
髪型もファッションも音楽も映像もTHE70年台。
岸田森とか草野大悟とか今福正雄とかいかにも70年台的な役者が揃っている中で、大御所平田昭彦や小泉博が出ているのもうれしい。
この時代って、子供向け、大人向けの境が曖昧で、東宝チャンピオンまつりなんだから子供向けのはずなのに、暴力シーンがあったり血が出たり。
演出も大人向けの映画とあんまり変わらない。
自衛隊が出てこないのも70年台的だし、沖縄の視点からウチナンチュ批判的なことをしているのも70年代的。
反体制寄り。
本多怪獣映画には必ず出てくる逃げ惑う群集も出てこない。
主要キャストだけで地球侵略に対する攻防戦をしているので、なんとなくセカイ系のはしりってこの辺なんじゃないかと思ったり。
ブラックホール第三惑星っていうのもすごいな。
あと、キングシーサーを呼ぶ「ミヤラビの祈り」という歌が全く沖縄的でない件。
最後、揚げ足取りみたいになったけど、期待以上に面白かった。
70年台侮りがたし。
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR