スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイフォール

ビートルズのファースト・シングル「ラブ・ミー・ドゥ」がイギリスで発売された1962年10月5日に同じイギリスで「007/ドクター・ノオ」が公開された。
007シリーズの第1作目である。
で、今日は50周年の記念すべき第23作目「007/スカイフォール」を観てきた。
期待以上の出来だった。
驚異的なアクション(しかもダニエル・クレイグ本人がかなりの部分をやっている)、不気味な存在感のある悪役、ロケーションの多彩さ(日本の軍艦島も使われている)、粋なセリフとユーモア、そして適度な御都合主義。
僕らが007に期待するものが全てきっちり入っていて、しかも50周年を飾るにふさわしいプラスαがある。
強いて言えば、ボンドガールの出番が少ないけれど、この映画のヒロインはMだからね。
仕方ないか。
監督と悪役がオスカー・ウィナーなのは、007の原則からいえば反則なのだが、彼らは決して007に期待される以上のものを作ろうとしていない。
ボンドの生い立ちが語られるのも異例だが、エモーショナルに流される手前で、きっちり止めてイギリス流のユーモアでまとめる。
あくまで、50年間続いてきたシリーズの第23作、という枠の中で、過去の伝統をきちんと取り入れた上で、次の50年に向けて布石を打っている。
伝統と向き合って作るというのはこういうことだ、というお手本。
見事だ。
スポンサーサイト

50年

うわ、日記書くのおそろしく久しぶりだ。

さて、年の瀬も押し迫ってきたけど、実は僕は今年で50歳になった。
正確に言うと今年の7月17日に50歳の誕生日を迎えたのである。
ちなみに今年母は75歳、祖母は100歳になった。

自分が50歳になって気づいたのだけど、今年50周年になるものというのが世の中にはけっこうある。
つまり、それは同じ1962年生まれだということだ。
例えばビートルズのレコードデビュー50周年。
ビートルズの最初のシングル「ラブ・ミー・ドゥ」が発売されたのが1962年の10月5日。
同じ年の3月にはボブ・ディランもファースト・アルバム「ボブ・ディラン」を出している。
やはり同じ1962年にローリング・ストーンズも結成されていて、ロック史上特筆すべき年だったと言えるだろう。

スパイダーマンも50周年。
スタン・リーは1961年に「ファンタスティック・フォー」の原作を書き、翌1962年に「スパイダーマン」をヒットさせている。
ちなみにハルクも同じ年。
アメリカン・コミックスのシルバー・エイジはここから始まったのだ。

今年、岩手県の遠野市立博物館に行ったら、ちょうど柳田國男没後50周年の特集をやっていた。
柳田國男なんて歴史上の人物だと思っていたので、びっくりした。
亡くなったのは1962年の8月8日。
3週間ほどかぶっている。

世界史的には1962年といえばキューバ危機の年でもある。
世界が滅亡に一番近づいた年。
ヴェトナムでは枯葉剤がまかれていた。

日本では、大日本製薬がサリドマイド剤の出荷を停止したのがやはり1962年。
「典子は、今」の白井のり子さんは同い年だ。

自分の生まれた年が歴史になっていくのは不思議な気分だが、それが年を取るということなのだろう。
自分の生まれた年に対して責任を取らなくては、とまでは思わないが、自分の生まれた時代というものにちょっと自覚的になった一年だった。

同い年の人に立派な人はたくさんいるけど、とりあえず、今年のノーベル賞ウィナー、山中伸哉教授が1962年9月4日生まれ。
ちょっとあやかりたい。
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。