スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珠玉の大津絵

8月17日から25日まで、主に岩手にフィールドワークの授業で出かけていた。
その間のことについては、また後日レポートしたい。

今日は、滋賀県の大津歴史博物館で開催されている「珠玉の大津絵 町田市博×大津歴博コレクション」を見にいった。

「大津絵」という言葉は、清水勲さんの新書「漫画の歴史」で知ったのだと思う。
日本における漫画のルーツの一つとして挙げられていた。
言葉としては知っていたけど、具体的にどういうものかよく分かっていなかった。
今回の大津歴史博物館の展覧会は、大津歴博のコレクションに加え、大津絵を多く所蔵する町田市博物館からも所蔵品を借りてきて、合同展として大津絵の全貌に迫る試み。
これは見なくては、と思って、実は原稿でお尻に火がついた状態なのに出かけたのである。

大津絵というのは、江戸時代に大津で売られていた土産物の絵で、東海道と伏見街道の中継地であった大津には多くの土産物屋があって、そこで売られていたものだそうだ。
元々は仏画だったのが、次第にレパートリーが増え、「鬼の念仏」、「長刀弁慶」、「藤娘」、「瓢箪鯰」などの絵が作られ、売られた。
土産物なので同じ図案のものがたくさん作られたのだが、時代によって絵柄が少しずつ違う。
安く大量に作るために絵柄は簡素化され、版画と肉筆画を組み合わせて作られていた。
精緻な浮世絵版画などに比べると、稚拙と言っていい、よく言えばヘタウマ的な絵。
しかし、不思議なユーモアがあり面白い。
個人的に好きなのは「外法の梯子剃り」という名前の付けられた絵。
外法というのは福禄寿の別名だそうで、福禄寿の長い頭に梯子をかけて、ふんどし一丁の大黒が髪を剃っているという図。
なんとも珍妙な絵である。
福禄寿は長寿、大黒は富財を表し、その両方を求めることを諌めた教訓が込められているのだそうだが、そういう意味を抜きに見ても面白い。
鬼も大津絵のレパートリーの重要なもので、鬼が念仏を唱えている「鬼の念仏」の他に、「鬼の行水」、「鬼の三味線引き」などがあって、どれもユーモラス。
雷様が海に落とした太鼓を先にカギのついた紐をたらして取ろうとしている「雷公」も楽しい。

これが今のマンガとつながっているかどうかは疑問だが、広い意味でのキャラクターアートであることは間違いない。
鬼にしても雷様にしても弁慶にしても福禄寿や大黒様にしても簡略化され、誇張された表現はキャラクターとして楽しい。
こういう絵を旅の記念に庶民が買って壁に貼っていたというのは、感覚として分かる気がする。
子どもたちもこういう絵が大好きだったのだろう。

大津絵を高く評価したのは民芸運動の柳宗悦だそうだ。
柳宗悦がいなければ、美術的価値のないものとして散逸していたかもしれない。
そう思うと、そろそろ昭和辺りの大衆文化もきちんと残しておかないとどんどん散逸しかねない。
僕の子どもの頃にはまだメンコという玩具が残っていた。
あれなんか、そろそろちゃんと集めとかないとなくなっちゃうんじゃないかな。
ちゃんと集めておけば後の世の人がその時代を知る上で大事な手がかりになる。
そういうものってたくさんあると思うんだ。
スポンサーサイト

SHORT PEACE

駆け込みで、レイトショーの大友克洋監督「SHORT PEACE」を観てきた。
これは素晴らしい。
大友克洋監督と言っても、これは5人のクリエイターによるオムニバス作品である。
ネタバレしない程度に書きます。

まず、オープニングが森本晃司監督。
はるかぜちゃんこと春名風花さんが声を当てている。
神社の前でかくれんぼをしている少女が不思議な世界に迷い込む、幻想的なアニメーション。
この神社、といロケーションがミソで、このオムニバスのテーマが「日本」なのだ。

「九十九」は森田修平監督。
付喪神をテーマにした作品だが、見るべきはその映像美。
たぶん3Dアニメーションを2D風に見せているのだと思う。
主人公の男が着ている服の模様がちゃんと3Dで動く。
男の服だけではなく、傘や反物、道具箱といったものがどれも美しい。
日本的な文様をアニメーションの中で表現して、素晴らしい効果を上げている。
最後に現れる「もの」は大友監督の実写デビュー作「ワールド・アパートメント・ホラー」を髣髴とさせる。

「火要鎮」は大友克洋監督作品。
部分的に見たことはあるのだが、初めて通して観た。
大友さん自身の短編が元だが、これも日本的美意識の極地と言っていい。
よく知らないけど「八百屋お七」とか、その辺がたぶん元。
絵巻物風に始まって、上下に絵巻の縁が最後まで額のように飾られている。
「吹抜屋台」や「異時同図法」と言った絵巻物独特の技法が使われ、遠近法も日本風のものが採用されている。
こちらは基本手描きアニメだが、着物の柄や刺青などにはもちろんデジタル技法が使われ、まさに動く日本画といった趣である。
物語的には物足りない気もするが、絵としての完成度はさすがに群を抜いている。

三作目の「GAMBO」も時代劇。
監督は森田修平さん。
石井克人さんが原案他で参加していて、貞本義行さんがキャラクター原案。
GAMBOとは劇中に登場する、日本にはいないはずのある動物。
その動物と鬼と人間の話。
これも映像が美しいが、前の二作とは画風が違い飽きさせない。
物語にもひねりがある。

四作目は「武器よさらば」。
大友克洋さんの短編マンガが元。
監督はカトキハジメさん。
これだけが未来の話。
しかし舞台は日本。
絵柄的にはこの作品のみがいわゆる「大友風」。
まさに80年代の大友克洋さんの一番大友さんらしい絵が見事に映像化されている。
大友さん自身が監督した「AKIRA」や「スチーム・ボーイ」以上に大友さんの絵に近い。
元の短編をだいぶふくらませて、現代のテクノロジーも反映させていて、古びた感じはしない。
四作並べて見ると、この作品の大友テイストは80年台の大友さんの絵がすでに日本の美術史の一部になっている、という宣言とも読める。

期待した以上の出来だった。
オープニングを含め5作とも見応えがあり、今の日本のアニメーションのやはりこれは一つの到達点だろう。
制作の経緯をよく知らないのだが(パンフレットが売り切れていた)、大友克洋さんの存在あってのオムニバスだと感じた。
昨日の「パシフィック・リム」を見たときは今は亡き友人のY君のことを思い出したが、今日はやはり若くして亡くなったS先輩のことを思い出した。
大友ファンだったS先輩ならこの作品をどう評価しただろう。
もしかするとお盆だから後の席で観ていたかもしれないけど。

「進撃の巨人」11巻

「進撃の巨人」11巻読みました。
「せー・・・」についてはいろいろな人がいろいろ憶測をめぐらしていると思うけど、僕も一つ憶測を。


「せー」は「星」

に1000円。

パシフィック・リム

この夏一番の話題作(僕近辺では)、「パシフィック・リム」を観てきた。
ネタバレするほどのことはないんだけど、ネタバレご免

日本の怪獣映画やロボット・アニメが、すでに日本人だけのものでなく世界の財産なのだ、ということを強く感じさせられた一作。
メキシコ人のギレルモ・デル・トロ監督にこれを作られたのがうれしくもあり、悔しくもあり。
巨大ロボット対巨大怪獣、という夢の対決をデル・トロは奇をてらわず、正攻法で描いた。
ストーリーそのものはとてもシンプル。
太平洋に次元の裂け目が出来て、そこから怪獣が現れることが日常になった世界。
それに対抗するのは二人の人間が操縦する巨大ロボット、イェーガーたち。

まず、怪獣(映画の中でも「カイジュウ」と呼ばれている)が海から現れる、というのがいい。
ゴジラもモスラも最初は海から現れた。
怪獣と海は切っても切り離せない。
ロボットも日本のロボットアニメを踏襲しつつ、実写でリアルに再現した。
パイロットが乗り込んだ頭部を胴体にドッキングするところなんて、わくわくした。
個人的には三つ子の中国人が操縦するクリムゾン・タイフーンが好み。
しかし同時にこの映画は、ドラゴンを倒して王女を獲得するという西洋的な物語でもある。
王子と王女がいっしょに闘う、という現代性も加味した上で。


で、面白かったことは面白かったのだけど、いくつか不満もある。

まず第一に、怪獣映画の醍醐味は、最初に前兆があってから怪獣が姿を現すまでのわくわく感にあると思うのだけど、この映画ではその部分は冒頭のナレーションでざっと紹介するだけに終わっている。もったいない。

第二に、ロボット・アニメの醍醐味は、ロボットを開発して、最初にパイロットが乗り込んで出陣する時のわくわく感にあると思うのだけど、以下同文。

第三に、ロボットと怪獣の対決が、基本夜のシーンになっていて、それはそれでリアルでいいのだけど、明るい太陽の下で闘うシーンも見たかった。少しくらいちゃちく見えても、怪獣映画はそれでいいはず。

第四に、最後に現れたカテゴリー5の怪獣が、今までの怪獣とどこが違うのか今ひとつ分からず、残念な気がした。暗いシーンが多かったのもあるのだけど、怪獣一体一体をもうちょっとしっかり見せてほしかった。

第五に、仮にも本多猪四郎に捧げるのなら、核兵器の扱いにはもう少しデリカシーがほしかった。日本人にとってはそこはとてもデリケートな部分なのだ。

最後に、「PACIFIC RIM」の邦題を「パシフィック・リム」にしちゃう安易さはどうなのかと。
ぴんと来ないでしょ、それじゃ。
「敵は太平洋!!/怪獣・ロボット大決戦」とかでいいじゃないか。
で、オタクは「敵太」とか「敵怪」とか略すの。

で、不満もあるけど、不満言いつつも、やっぱりこれは楽しい映画だ。
天国のY君にも見せたかった。
デル・トロ監督にはぜひ「パシフィック・リム・ビギンズ」を撮ってほしい。
そして日本のクリエイターにも、本家の意地を見せてほしい。
怪獣がいない世界なんて、味も素っ気もないよ。

友松直之ナイトPart2

水曜B級ナイトを一日遅らせて8月8日木曜日に友松直之監督作品を二本観た。
7月11日の記事の続きである。

この日観たのは「メイドロイドVSホストロイド軍団」と「レイプゾンビ2」。
以下ネタバレごめん。

「メイドロイドVSホストロイド軍団」は、前作「メイドロイド」と同じく、吉沢明歩さんがマリアという名のメイド型アンドロイドを演じているが、話としてはつながっていない。
前作でマリアのご主人様だった野上正義さんは今回は博士役。
その名も高円寺博士。
敵役の博士がプロフェッサー植草で、メイドロイドには不完全な「恋愛回路」が組み込まれている。
といえば、おやじ世代のオタクにはぴんと来るはず。
「人造人間キカイダー」ですね。
若い人のために書いておくと、それぞれ光明寺博士、プロフェッサー・ギル、「良心回路」のもじり。
プロフェッサー植草が笛(オカリナだけど)を吹くシーンもあるよ。
あ、てことは主役のキモオタの秋葉章太郎の章太郎ってそこから取ったのか。
なんて罰当たりな!

イケメンのホストロイドがそれほどイケメンじゃなくて、キモオタの章太郎君がわりとイケメンなので、見た目的にあんまり変らんよなあ、と思うけど、そこはまあ目をつぶって。
前回はなかったアクションシーンもちょこっとだけあります。
亜紗美さんがスタントやってるのか。
ある意味豪華。
エロも前回よりちょこっと多めだけど、基本さほどエロくないです。
友松監督の純愛路線。
吉沢明歩さんは今回は人間の女子大生役と二役。
いろいろと物足りないんだけどアッキーがかわいいからいいや。

二本目は「レイプゾンビ2」。
こちらはだいぶ力こぶ入っている。
ほとんどの男が知性を持たないレイプ魔になってしまった未来。
東京は核兵器により壊滅、
そこに女たちが暮らす女村(あまぞん)とレイプゾンビに変身しない童貞オタクのアキバ帝国が対立している。
今回はレイプゾンビはアキバ帝国のオタクたちに使役されるリア獣という位置づけ。

前回死んじゃったあいかわ優衣さんは何の役で出るのかと思ったら、アメリカのアンドロイド兵役だった。
おお、ここでメイドロイドとつながるのか。
関節を動かす時の機会音とか高速で瞬きするところとか、メイドロイドの時の演出がそのまま使われている。
アクションシーンもすごくチープだけど派手で馬鹿馬鹿しくていい感じだ。

前回から出演している桃子(小林さやさん)とノゾミ(小沢アリスさん)も登場し、さあここから面白くなるかな!と思ったところでまさかの「To be continued」。
えー!?
マジかよ!!!
ああ、「2」と「3」がセット発売されてるのはこういうことかあ。
うわあ、めっちゃフラストレーションたまった。
亜紗美さんの本格的な復活も「3」か。
今回の見せ場は強いて言えば友松監督本人がオタクたち相手に熱弁ふるうシーンですかね。
おいしいところは全部「3」に取ってある感じ。
くそー。

というわけで、次の予定は来月第2水曜日。

自慢話

僕は基本的にあまり自慢話をする方ではない。
まあ、あまり自慢するようなこともないわけだが。
しかし、これは自慢してもいいのではないか。

3日、4日と高知に出張していたのだ。
メインの仕事は、付き合いのある高知の画塾でのワークショップである。
その画塾のすぐそばに高知市文化プラザかるぽーとというビルがあり、ちょうどその3日と4日に第22回まんが甲子園が開かれていた。
勤務先大学もそこにブースを出していたので、当然そっちにも寄ったのである。
まんが甲子園は、一度やはり同じ画塾のワークショップのついでに寄ったことがあるが、その時はちょっとのぞいた程度だった。
今回初めてがっつり参加した。

高校生たちが競い合うメインのイベント以外にもいろいろイベントがあり、その一つにまんが大喜利がある。
うちの大学も出るので、先生出てもらえませんか、と入試課Nさんに頼まれた。
大喜利なんてやったことないし、やだなあ、と思いつつ、学生一人で出すのも不憫なので承諾した。
他にはご当地アイドルの人や高知県のマンガ家さんが出場した。
まあそれなりに健闘したと思う。

その後はなんと水木一朗アニキのライブである。
僕らが大喜利やっていたその舞台でアニキが歌うのである。
しかもゲストで永井豪大先生も来ている。
水木一朗アニキと永井豪先生のツーショットを舞台袖から見るだけでテンション上がった。
アニキが歌っている途中で電源が落ちて伴奏がストップするトラブルがあった。
しかし、アニキは動じず最後まで歌い上げ、司会の人が、雷で電源が落ちたようです、と言うと、すかさず、まさに嵐を呼ぶぜ、だな、と返す。
さすがプロ!

そしてライブの最後は、永井豪先生も舞台に上がり、大喜利メンバーも参加して、マジンガーZを歌ったのだ。



水木一朗アニキと!

永井豪先生と!

同じ舞台で!

マジンガーZの主題歌を!

フルコーラス!

歌った!

のである!!!!!!



これは自慢していいはず。

夏休み特選名作SF映画二本立て

水曜はB級ナイトなのだけど、夏休みなので趣向を変えて、宇宙SFの古典的名作DVDを二本観た。
観たのは「宇宙水爆戦」(1955年米)と「禁断の惑星」(1956年米)。
もう古典中の古典ですよ。
今さらだけどネタバレご免。

「宇宙水爆戦」を観るのはたぶん二度目。
実は話全然話覚えていなかった。
あまり面白くなかった印象があったんだけど、どうしてなかなか見応えがある。
前半のサスペンスは桑田次郎先生の絵が似合いそう。
おでこの広いエクセターも桑田次郎先生っぽい。
後半惑星メタルーナに行ってからの映像がたまらん。
この時代のマットアートは素晴らしいなあ。
古きよきSFアートのよさが満喫できる。

宇宙戦争に巻き込まれていく地球人科学者の男女には今ひとつ感情移入できないんだけど、この映画の主役は二つの世界の狭間で苦悩する異星人の科学者エクセターであろう。
クレジットの配役順もエクセター役のジェフ・モローがトップで、ヒロイン役のフェイス・ドマーグが二番目、ミーチャム博士役のレックス・リーマンが三番目になっている。
特に後半は地球人二人は単なる目撃者で、一つの世界が滅びる悲哀がこの映画の肝だと思う。
有名なメタルーナの昆虫型ミュータントはストーリー上は別に出てこなくて全然かまわない扱い。
いちおうSF映画と言えば、モンスターが出てきて、ヒロインが黄色い悲鳴を上げる、というのがお約束だったんだろうね。
そういうシーンちゃんと用意してあります。
ミュータントの最後はそれなりにいいけどな。
造形はすごくいいし。

ちなみに邦題は全然内容と合ってません。
原題は「THIS ISLAND EARTH」。
なかなか趣のあるタイトルだと思う。

二本目の「禁断の惑星」は何度か観ている。
と言っても最後に観たのは10年以上前、もしかしたら20年以上前くらい。
けっこう細部忘れてた。
23世紀の話なんだね、これ。
23世紀にしてはアナログな感じだけど、地球人が広い宇宙に進出している時代を描いている映画って意外と少ないように思う。
「宇宙水爆戦」も時代は現代。

久しぶりに観て思ったのは、こんなにホラーテイストな作品だっけ?ってこと。
見えない怪物、というのはホラーの定番ネタだし、一人一人隊員が殺されていく展開もホラー的。
クライマックスのシーンもけっこう怖い。
同時にフーダニットもののミステリー的な要素もある。
解決部分は今観ると単純なのだが、当時としては画期的だったろう。
「ジキル博士とハイド氏」や「狼男」などのテーマのSF的展開と言える。

昔何かで読んだのは、イドの怪物は、モービアス博士の無意識ではなく、アルタの無意識だという説。
確かにそう考えてもつじつまが合うし、その方が話としては面白い。
脚本家や監督がそれを狙っていたかどうかは分からないけど、そう考える余地はあるようだ。

こちらもマットアートやセットが素晴らしく、50年代半ばというのがSF映画の黄金時代の一つであったのがよく分かる。
ロビーも改めて見るとよく出来ているね。
ディテールが素晴らしい。
イドの怪物のアニメーションは今観るとかわいすぎる気がするけど、アニメーションと実写の合成そのものはよく出来ている。

2本とも50年代半ばの映画だけど、この時代の映画にありがちな、冷戦を反映した、侵略者を退治して終り、という構造になっていないのもいいね。
志の高い映画だと思う。
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。