スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルパン三世

どうしようかと迷っていた「ルパン三世」実写版を観に行った。
結論から言うと、僕はけっこう満足した。
日本のマンガ、アニメを原作にした映画が今ひとつ盛り上がらないのは、プロデューサーの志が低いからではないかと内心思っていたのだが、この映画には山本又一郎プロデューサーの本気が感じられる。
世界で勝負したい、という意気込みが伝わってくる。

日本映画、特にエンターテイメント映画が非常に内向きになっている、というのが僕にとっては不満で、日本でそこそこヒットすればいいや、的な感じがどうも蔓延している気がする。
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」や「GODZILLA ゴジラ」などのように日本のソフトがハリウッドで立派な映画になって帰ってくるのは、嬉しい半面、寂しくもある。
なぜそれを日本で作れないのか。
これは予算だけの話ではない。
やはり志の問題だと思うのだ。

今回山本又一郎プロデューサーは監督にハリウッドから北村龍平監督を呼び、キャスト、スタッフに韓国、タイを始め、「オールアジア」的な布陣を敷いた。
このアジアン・エンターテイメントとしての「ルパン三世」という着想は悪く無いと思う。
もともと無国籍な「ルパン三世」を日本の内側で撮っても仕方ないし、かと言っていきなりアメリカ映画の真似をしても勝ち目はない。
アジア、という枠で捉える発想というのは悪くない。
案外そこが新鮮だった。

みんなルパン三世とその仲間たちを知っている、という前提で作っていないのもこの映画のいいところだ。
次元ともこの映画で初めて組み、銭形とも今回初顔合わせということになっている。
ルパンの血筋についての説明もある。
その辺も海外の観客を意識していることが分かる。

原作からの5人はかなり再現率が高い。
小栗旬のルパンは最初は違和感があったが、最後の方ではむしろルパンにしか見えなかった。
玉山鉄二の次元、綾野剛の五エ門もそれぞれいいキャラクターに仕上がっている。
黒木メイサの峰不二子はアクションもこなし、アクティブな女盗賊不二子になっている。
意外だったのが浅野忠信の銭形警部で、完全に銭形が乗り移ってた。
声まで銭形だった。

ストーリーはやや暗めだし、もうちょっと大人のユーモアがほしかったとか不満に思う部分も多々あるのだが、今回は志を買いたい。
今日はそこそこの入りだったが、続編が作れる程度にヒットしてくれたらいいと思う。
こういう映画はシリーズ化されてなんぼだ。
ぜひこのキャストで第2、第3作を作って欲しい。

ちなみに大人の事情か何かでオリジナルのテーマ曲が使えなかったらしいけど、布袋寅泰のオリジナルスコアはそれを補ってあまりあるものだったと思う。
懐かしアニメの映画化じゃなくて新しいエンターテイメントとしての「ルパン三世」なので、それでいいんじゃないかな。
スポンサーサイト

ランナウェイズ

ダコタ祭、ラストは2010年の「ランナウェイズ」。
この間観た「シャーロットのおくりもの」が2006年12月公開で、「ランナウェイズ」が1月公開だから実質3年しか経ってないのだけど、この間のダコタ・ファニングの変化は目をみはるものがある。
この映画は1970年代半ばにに一世を風靡したガールズ・バンドのはしりであるランナウェイズの伝記映画だ。
ダコタはボーカルのシェリー・カーリー役である。

ランナウェイズが流行った頃、僕は中学生で、音楽をあまりきちんと聴いたことはなかったんだけど、ボーカルが下着姿で歌う、というセンセーショナルな取り上げ方をした雑誌を見たことはある。
何しろ中学生なのでかなり興奮した。
それで、名前だけは覚えていた。
大人になってからちゃんとCDを買って聴いてみたら、エッジの効いたかっこいいロックで、単なるキワモノバンドではなかったことが分かって恥じ入った。
まあ中学生の考えることですから勘弁してやってください。

映画はシェリー・カーリーの自伝を元にしていて、ギターのジョーン・ジェットもプロデューサーに名を連ねているので、公式伝記映画といってもいい。
しかし、きれい事やノスタルジーで描いておらず、10代でロックビジネスに飲み込まれていった彼女らを、シェリー・カーリーとジョーン・ジェットの関係を中心にかなり痛々しい感じで描いている。
アルコール、ドラッグ、セックスといった部分も描いているし、ロック界のビジネス的な側面も描いている。
70年代半ばといえば、パンクロックが生まれた頃でもあり、その頃のロック界のかなりどろどろとした世界がリアルに再現されている。
ちなみに監督はフローリア・シジスモンティという女性監督で、これが長編映画デビュー。

ダコタの演じるシェリーは問題ありの家族なのだが、いちおうそれなりに裕福な家の子で、双子の姉がいる。
シェリーに関しては家族の問題を丁寧に描いている。
これは原作がシェリー・カーリーの自伝であるせいもあるだろう。
ダコタは持ち前の育ちの良さと演技力で、普通の女の子がロック界の寵児になっていく様を見事に演じている。
この頃ダコタはまだ15歳のはずだが、かなり思い切った演技をしている。
歌も実際自分で歌っている。
ジョーン・ジェットのクリステン・スチュワートもなり切っている。
ランナウェイズのドキュメンタリーも僕は持っているのだが、ジョーン・ジェットの再現率はかなり高い。
シェリーとジョーンのキスシーンなんかもあってそれがいやらしくなく綺麗に撮られている、

あと、プロデューサーのキム・フォーリーは、この映画のメインキャストの中では唯一の男だが(シェリーのアル中の父親も出てくるが)、非常にアクの強い人物として描かれている。
まさに70年代のロックビジネスを体現したようなエロくて金にいやしい男。
これもドキュメンタリーに出てくる本人とそっくり。

日本のシーンが多いのも観ていて面白かった。
そこそこちゃんと描いている。
シェリー・カーリーが例の下着姿で歌うのは日本公演が最初だったらしい。
そりゃ話題になるわな。
でも映画によると、シェリーのファンは女の子が多かったようだ。

映画の最後で、ジョーンとシェリーは別の道を行くことになる。
ジョーンは自分のバンドを率いてミュージシャンとして活躍し、シェリーは雑貨屋の店員として働いている。
そこでちょっとしたエピソードがあるのだが、それがなかなかいい。
色々と大変なこともあるのだが、後味は決して悪くなく、時代とともに疾走した彼女らをあくまで肯定的に描いている。
70年代ロックに興味がある人にはオススメ。

東北フィールドプログラム

8月24日から30日まで、国内フィールドプログラムで岩手に滞在した。
国内フィールドプログラム(東北)は、今年で3回めになる授業で、岩手に滞在して地元の高校生の学びを支援したり、被災地を訪れて様々な活動をするものだ。
人文学部開講科目だが、他の学部からも参加できる。
今年は教員側の慣れもあってかミスや不手際が目立って学生には迷惑をかけたのだが、結果的にはなかなか充実した1周間になったと思う。

24日朝仙台に集合して、そこからレンタカーで岩手県住田町に移動。
五葉集会センターというところを使わせていただき、拠点とした。
住田町は岩手県の内陸の町で、震災被害そのものは大きくなかったのだが、その分ボランティアの拠点として重要な役割を果たしている。
2011年の夏以来、僕にとっては4回目の住田である。

住田についた午後、公民館でいわてGINGA-NETというNPOが活動報告をしていて、そこに参加させていただく。
そこで山田周生さんという人と知り合い、その出会いが今回のフィールドプログラムの一つの柱になった。

しかしその前に、前半の活動だった陸前高田市での活動について簡単に書いておこう。
陸前高田には毎年行っているのだが、今年は大きく様変わりしていた。
山から巨大なベルトコンベアが走っていて、山を切り崩して出た土砂を使って嵩上げ作業が急ピッチで進められていた。
津波の被害を受けた建物はほどんど撤去されていたが、4階まで津波被害を受けたマンションが一見残っていて、当時の津波の凄まじさを伝えていた。

仮設住宅で二日にわたって、似顔絵を描いたり、ベニヤ板に絵を描くアートイベントを行った。
今回マンガ学部の学生が二人参加していて、彼女たちの腕の見せ所だ。
人文の学生も上手くサポートしに回ってくれた。
宣伝が急だったこともありそれほど多くの人が来られたわけではないのだが、来られた人はずいぶん喜んでくれてこちらが救われた、
岩手の人の優しさは毎回感じるところだ。

後半は先に書いた山田周生さんのお世話になった。
山田周生さんは、元々写真家でサハラ砂漠を何度も縦断したりしているアクティブな人だ。
てんぷら油などの廃油だけで走る自動車を自分で開発して、もらった廃油だけで世界一周をしたりもしている。
その後、同じように廃油で日本一周をしていた時、石巻で震災に遭った。
当時、ガソリンなども手に入らないときに廃油利用の自動車で物資の運搬などの活動に奔走した。
その後も釜石に拠点をおいて、ユナイテッド・グリーンというNPOを立ち上げ、山と海を結んだ自給自足のコミュニティの実験をされている。

被災地に来ると、ほんとうに色々な人に会うのだが、その中でも山田周生さんの経歴は驚きの連続だった。
岩手に来て初日にこういう人に出会えたのは僥倖だった。
知り合ったばかりの僕らを山田さんたちは暖かく迎え入れてくれ、活動にも参加させてくれた。
ナタネの肥料まきや被災された漁師さんのところで、ホタテの養殖のお手伝いなどもさせていただいた。
学生が体を使ったボランティアをするのは実は今回が初めてで、学生にはその方が実感があるようだ。

最終日には、住田町の食材研究会の人たちが歓迎会をしてくれた。
今年はいわてGINGA-NETさんの学生ボランティアとうちの学生の両方が参加しての賑やかな会になった。
毎年こうして歓迎会をしてくれて、地元の美味しい料理をふるまってくれるのだが、ありがたいことだ。

今回の授業についてはマンガにまとめてみたいと思っている。
11月の木野祭で報告会をするので、それまでには仕上げます。
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。