京都怪奇映画祭NIGHT3

京都みなみ会館の京都怪奇映画祭NIGHT3に参加してきた。
京都みなみ会館はオールナイト上映をよくやるのだが、参加するのは久しぶり。
怪奇映画祭は初参加である。
最近けっこう朝型になりつつあるし、もうオールナイトはきついかなあと思っていたのだが、「血を吸う眼」と「HOUSE ハウス」を劇場で見る機会なんてそうないだろうと思って参加することに決めたのだ。
22時開場で上映は22時半からという宵っ張りな映画祭。会場は盛況で僕らくらいの中高年オタク層の人たちから若い人までいろんなタイプの人たちが来ていた。
みなみ会館館長他スタッフはコスプレしていて、会場は手作り感あふれるお化け屋敷チックな感じの雰囲気。
いいねこういうの。
作家の木原浩勝さんと株式会社キャストの藤村太さんが総合司会的な感じで場を盛り上げる。これがまたいい。
「シン・ゴジラ」をまだ観ていない木原さんを藤村さんが延々いじる。
会場のノリもよく、いやが上にもお祭り気分が盛り上がる。

最初はテレビシリーズの「白獅子仮面」から第1話と最終回。白獅子仮面、全く記憶から抜け落ちていたが、主題歌聞いたら覚えていた。カッチンカチャリコズンバラリン。でも本編見た記憶ないなあ。音声が出なくなるというアクシデントは怪奇映画祭にはふさわしい。
次に「呪いの館 血を吸う眼」。岸田森さんが吸血鬼を演じた和製ホラー。これはやっぱり劇場でしか味わえない。来た甲斐があった。夏子役の江美早苗さんも素晴らしかったのだけど、帰って検索してみたらずいぶんひどい亡くなり方しているのだなあ。今さらだけど合掌。
3本目の「HOUSE ハウス」は大林宣彦監督の出世作。当時観ている。今観ても斬新というかなんというか。他に似た映画を思いつかない。こんなにエロい映画だっけ。素晴らしい。
3時半くらいから、中子真治さんと木原浩勝さんのトークショー。3時半からトークショーって。中子さんがSFXプロデューサーを務めた「学校の怪談」シリーズの話を中心に貴重な話を聞く。
そしてラストが、映画の内容に合わせて4時44分から上映の「学校の怪談2」。脚本にはいろいろ疑問もあるが、盛り沢山な映画で楽しく観た。岸田森さんのいとこでもある岸田今日子さんが怪演。子どもたちもいい。こういう映画は毎年作られて子どもが観に行くべき。

結局朝6時過ぎまで一度も居眠りすることもなく怪奇な一夜を満喫した。まだオールナイトいけるな。味をしめた。
スポンサーサイト

ダリ2展

わあ、前に日記更新してから7ヶ月も経ってた。大丈夫です。生きてます。

京都市美術館の「ダリ展」と京都文化博物館の「ダリ版画展」をはしごした。
毎度のことながらだいたい会期終わり近くになって慌てて見に行くパターン。
今回のダリ展、20世紀を代表する大画家ダリ、というより才気あふれるイラストレーター・ダリを見にいくつもりで行くといいかも。
油絵の大作も幾つかあるけど、これぞ代表作という感じの絵は案外少ない。
その代わりダリが手がけた挿絵が両展覧会でけっこうな数見られる。
「ダリ展」の方に「ドン・キホーテ」、「三角帽子」、「不思議の国のアリス」「秘密の詩」の挿絵が、「版画展」の方には「神曲」、「毛皮を着たヴィーナス」、「トリスタンとイズー」、「雅曲」の挿絵がある。
どれも版画なのだがそれぞれスタイルを変えていて、ダリ、なかなか職人である。
ダリの「アリス」や「毛皮を着たヴィーナス」なんて聞いただけでそそられるでしょ。期待を裏切りません。
ペドロ・アントニオ・デ・アラルコンという人の小説「三角帽子」は知らなかったが、挿絵はとてもいい。蝶をモチーフにしたけっこうお洒落な挿絵だ。本になってるならほしい。
他にイラスト的な作品としてはダリ展の「ガラの晩餐」、版画展の「シュルレアリスムの思い出」などがあるのだが、両方70年代の作品なので、ポップを通り越してサイケである。
なるほど、ダリはサイケのご先祖でもあったのだ。時代がダリに追いついた、というやつだ。

あと、ダリ展の方では初期の作品を見ることが出来る。キュビスムのダリとか新印象主義のダリとかがあって、最初からめちゃくちゃ器用な人だったんだなあ、と思った。
ダリ展、ダリ版画展ともに9月4日まで。個人的には版画展おすすめですよ。ダリ展のチケット見せると200円引き。
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR