スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来てけつかるべき新世界

劇団ヨーロッパ企画の公演「来てけつかるべき新世界」を観た。
京都府立文化芸術会館の初日である。
ヨーロッパ企画はずいぶん昔、たぶん2000年の「冬のユリゲラー」を最初に観て爆笑した。
「サマータイムマシンブルース」の目もくらむようなトリッキーな脚本には本当に感激した。
しばらく観ていなかった時期もあるのだけど、2013年の「建てましにつぐ建てましポルカ」と2014年の「ビルのゲイツ」は観ている。いずれも面白かった。
去年のはなぜか観逃していて、2年ぶりのヨーロッパ企画である。
タイトルがいい。
「来るべき世界」と言えば手塚治虫の初期代表作のタイトルでもあり、H.G.ウェルズの古典SF(読んでない)とその映画化作品(観てない)のタイトルでもある。
それが「来てけつかるべき新世界」である。
「新世界」は文字通りのテクノロジーが今より発達した世界という意味と大阪の地名とをかけている。
大阪新世界×近未来SFである。
後は何を言ってもネタバレになってしまうのだけど、吉本新喜劇ががっつりSFをやったという感じの、笑いあり涙ありシンギュラリティーありの新世界サイバー喜劇。
五部構成で練り上げられた脚本はリアルな日常からあっと驚くところまで観客を連れて行ってくれる。
そして役者陣の見事な大阪のおっさんぶり。
サイバー演劇らしい実験的な演出も随所に見られる。
一粒で何度もおいしい充実の舞台でした。
スポンサーサイト

京都の伝統産業実習

京都精華大学には「京都の伝統産業実習」という授業がある。
夏休みに伝統工芸、伝統産業の仕事の現場で直接指導を受ける実習授業。
https://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/sangaku/taac/
この授業はマンガ学部の学生も受講可能なので、僕も委員に入っている。
去年から澤村陶哉工房という陶芸の工房の担当に当たっていて、今年はデザイン学部の二人の学生が先週からお世話になっている。
今日はお礼を兼ねて澤村陶哉先生のところにご挨拶に伺う。
学生はとてもまじめに実習を受けているそうで一安心。
土鍋や鳩笛、ボタンなど大きいものから小さいものまでいろいろ作らせてもらっていた。

陶哉先生の勧めでお弟子さんの指導のもと僕も陶芸体験をさせてもらう。

おたまじゃくし

ぐい呑みと箸置きです。
焼き上がったら学生が届けてくれるそうで楽しみ。
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。