キングコング/髑髏島の巨神

「キングコング/髑髏島の巨神」を観た。以下ネタバレあり。このあと読まない人のために言っておくと、例によってエンドロールのあとにけっこう重要なシーンがあるので最後まで席立たないように。


力技である。キングコングの4回目のリメイクではあるが、今回はタイトル通り髑髏島の話がメインで、後半のニューヨークのシーンはない。怪獣島でのサバイバルがメイン。構造としてはジュラシックパーク・シリーズの方が近い。しかしここは恐竜ではなく怪獣であることに意味がある。キングコング以外にもいろいろ出てくるが見事に統一感がない。オリジナルはコング以外は恐竜がメインだったが、たぶんジュラシックパーク・シリーズやピーター・ジャクソン版とかぶることを避けたのだろう、トリケラトプスらしい骸骨はちらっと映るけど恐竜は出てこない。わずかに翼竜(もちろん恐竜ではない)の仲間らしいのが出てくるだけだ。実際にいる動物を巨大化したものが多いけど、それも哺乳類、節足動物、軟体動物とばらばら。そしてキングコングと敵対する髑髏クローラーはモデルがよくわからない、怪獣としか言いようがない怪獣。パンフを見るとオリジナル版に出てきた「後足のないトカゲ」がモデルらしい。ああ、いたなそんなの。マニアックなとこついてくるなあ。デザイン的にはやや小物感があるのが残念。最後の大きいのだけでももう少しなんとかならなかったか。

時代は第二次大戦が終わる直前の1944年で始まり、ベトナム戦争終了直後の1973年に飛ぶ。髑髏島に怪獣がたくさんいる理由については放射能とか軍の秘密研究とかそういう小手先の人為的なものは出てこない。その代わりに、今時それ出すか?と思うような大技を出してくる。え?この設定このあとのシリーズでも使うの?

コングのデザインはゴリラと猿人の中間くらい。個人的にはキングコングがゴリラのわけないと思っているので(南太平洋だよ?)、もろゴリラだったジャクソン版より納得できる。

今回おっと思ったのは二点。まずコングに親がいたという当たり前の事実をちゃんと描いてるところ。コングは長くこの島に生息していた種の最後の生き残りなのである。コングの両親の巨大な骸骨も絵としていなかなかかっこいい。もう一つはコングが道具を使うところで、岩とか木とか鎖の付いたスクリューとかあるものをかなり利用している。木は小枝を落として使っているので道具の加工もしている。そこそこ頭のいいコングである。

ユーモアがあるテンポのいい演出がこの映画の持ち味で、怪獣ももったいぶらずに最初っから出てきて気持ちいい。話が少々雑なのもあまり気にならない。人間も容赦なく食べられたり踏みつけられたりする。怪獣映画はそうでないと。恋愛話が全く出てこないのもいい。なぜかやっぱりヒロインはコングに気に入られるんだけどね。そこはお約束だからなあ。

このあとアメリカ版は「ゴジラ2」を挟んで「ゴジラ対コング」につながるらしい。楽しみなことだ。日本も出し惜しみせず「シン・ゴジラ」の続きを作るべきだと思う。怪獣映画はシリーズ化してなんぼだと思う。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR