ワンダーウーマン

映画「ワンダーウーマン」を観た。ずいぶん長く待たされた気がする。それはアメリカ公開から日本公開までずいぶん間が空いたということでも個人的な事情で日本公開から1ヶ月観に行けなかったということでもない。アメコミ映画が大人の鑑賞に耐える大作映画として作られるようになったのは1978年の「スーパーマン」からだが、その間40年近く、女性の単独ヒーローというのは1984年の「スーパーガール」くらいしか作られていない。せいぜい「バットマン」のスピンオフでラジー賞4部門に輝いた「キャットウーマン」があるくらいだ。スーパーマンやバットマンやマーベル・ヒーローが次々映画化される中、なぜかワンダーウーマンの映画は1本も作られなかった。テレビ化の話もあったが立ち消えになった。詳しい事情は知らないが、現代にふさわしいワンダーウーマン像を作ることがそれだけ難しかったということなのかもしれない。
今回の「ワンダーウーマン」はその新しいワンダーウーマン像を作り出すことに加え、もう一つチャレンジングなことをしている。アメコミ映画史上多分初めて現実の戦争を舞台にした映画だということだ。1941年に始まった原作コミックスが第二次世界大戦を舞台にしているのに対し、この映画は第一次世界大戦を舞台にしている。観る前は不思議だったがその理由は観終わってなんとなく分かった気がする。
以下だいぶネタを割っているので未見の人は注意。ちなみに僕は傑作だと思った。80年近く前に描かれた言ってしまえば他愛のないアメリカンコミックスが、十分オリジナルを尊重しつつ現代にふさわしいエンターテイメントに生まれ変わっていることに感動する。







戦争というのは一人のスーパーヒーローになんとか出来るものではない。だからこそアメコミ映画はリアルな戦争を描くことを控えてきたのだろう。第一次世界大戦という100年前の現実の戦争を舞台にしてワンダーウーマンの活躍はどう描かれたか。
結論から言うと、この映画の中で、ワンダーウーマンは実は結果としてはほぼ誰一人救ってはいないのである。戦争を終わらせたのはもちろんワンダーウーマンではなく、ワンダーウーマンがしたことはスティーブ・トレバーを救ったこととヴェルドの村を解放したことだが、その結果は映画の中に描かれる通りだ。物語のメインになっている毒ガス攻撃を直接食い止めたのはスティーブとその仲間たちである。
ではこの決して短くはない映画はいったい何を描いたのだろうか。それは一言で言うと「幼い理想主義が成熟した理想主義へと成長していく過程」なのだろうと思う。

女だけの島セミッシラで育ったダイアナは戦いの神アレスを倒せば平和が訪れると教えられそれを信じている。素朴な悪の実在論者である。そのダイアナが現実の戦いの中に身を置き、戦争の悲惨さを知り、悪は個々の人間の中にあることを知る。ダイアナは人間に絶望し救う価値はないとまで思う。そこに現れるアレスは悪の根源でも戦争の黒幕でもない。このアレスは虚無である。愚かな人間に対する絶望から生まれるニヒリズムである。スティーブたちが現実の問題に立ち向かって戦っている間、ダイアナ一人は次元の違う戦いをしている。ダイアナは虚無と戦っていたのである。

この映画は成熟した理想主義者ワンダーウーマンが誕生するまでの物語である。スティーブ・トレバーは幼い理想主義者ダイアナを受け入れ、育て、最後の一押しをする。そこにちっぽけで儚い人間の生のきらめきがある。それに感動する。

第二次世界大戦を舞台にしなかったのは第二次大戦にはヒトラーという分かりやすい「悪者」がいて、それがこの映画のテーマと合わなかったからだろう。

もちろんこの映画は堅苦しい教訓映画ではなくエンターテイメントだ。アクションあり笑いありラブロマンスありの盛り沢山な映画である。ドクター・ポイズンや様々な出自を持つスティーブの仲間たちなど脇を固めるキャラクターも魅力的。エッタが原作通りなのもうれしい。しかし何より観終わった後に力強い希望を感じさせる映画である。待った甲斐があった。
スポンサーサイト



怪獣とフーパーの夜

京都みなみ会館でトビー・フーパー監督の追悼オールナイトをやるというので観に行った。
しかも上映スケジュールを観るとその前に怪獣映画2本やるというので老体に鞭打って怪獣+ホラー5本立てというハードな夜となったのだった。

怪獣映画2本立ては「フランケンシュタインの怪獣サンダ対ガイラ」と「大怪獣決闘ガメラ対バルゴン」。ともに1966年の東宝と大映の怪獣決戦映画である。実は「ガメラ対バルゴン」、観たことがなかった。なんとなくあらすじ知ってるので観たことあるような気がしていたが、どうも観ていない。ストーリーがわりと大人向けというのもなんとなく知っていた。確かに僕の知っている昭和のガメラとは一味違う。面白く観た。昭和ガメラのチープさとけっこう頑張っている特撮と大人の生々しい欲望のマッチングが他にない魅力。「サンダ対ガイラ」は何度か観ているが今回は中島春雄さん追悼も兼ねてしんみり観る。

さて今回本命のフーパー・ナイトだが、上映されたのは「マングラー」「悪魔の起源-ジン-」「悪魔のいけにえ」の3本。「悪魔のいけにえ」以外初見。
実はトビー・フーパー、そんなに観てるわけでも特別大好きというわけでもなかった。有名な「悪魔のいけにえ」は若い頃観てるが今ひとつ趣味に合わなかった。その後は「ポルターガイスト」とか「スペース・バンパイア」とか大味な大作映画を撮った人という印象だった。それが今回かなり覆った。

「マングラー」はスティーブン・キング原作。呪われた洗濯工場のプレス機という頓狂な設定のパワフルなホラー。このレトロなプレス機がよい。だいぶ頭のおかしい工場の支配人を「エルム街の悪夢」シリーズでフレディを演じたロバート・イングランドが喜々として演じている。小粒ながら小気味よく悪趣味な作品。

次の「悪魔の起源-ジン-」はフーパー監督の遺作。これ、けっこう評価が分かれる作品らしいのだが、僕はめちゃくちゃ面白かった。なんとアラブ首長国連邦の映画である。イスラム・オカルト映画という珍品。アラビア語と英語が半々くらい。役者もそちらの人のようだ。Jホラーの影響を受けたような、どちらかというとじわじわと怖い映画。アメリカで暮らしていた主人公夫婦が幼い子供を失い、アラブ首長国連邦に帰ってくる。妻の実家が近くで、夫婦は霧に覆われた新しい高級マンションに暮らすことになる。そこで次々に起こる変異。
大ネタはなぜかわりと序盤で割ってしまうのだが、それでもストーリーは緊迫感を失わない。音響と編集の巧みさがサスペンスを盛り上げ、派手な虐殺シーンなどはないのだが怖い。心理描写も巧みで特にヒロインの孤独と罪悪感が恐怖に拍車をかける。

「悪魔のいけにえ」と観比べると、一貫しているのは異質な存在が彼らなりの倫理や美学や哲学を持っていて、その存在との絶望的なディスコミュニケーションが恐怖を産んでいる、という点だろう。「悪魔の起源-ジン-」もジン側には一貫した理屈があってそれが主人公を追い詰めるのである。「悪魔のいけにえ」の殺人一家の家族愛とつながるところがある。ホラー全般にそれはあると言えばあるのだが、フーパー監督の向こう側の描き方にはやはり説得力がある。

最後に久しぶりに「悪魔のいけにえ」観たら、昔観たときよりはずいぶん楽しめた。そして「悪魔のいけにえ」観て迎える朝はなかなかによいものなのである。ああ、生きていてよかったと思える。こんな機会を作ってくれた京都みなみ会館に感謝。
改めてトビー・フーパー監督のご冥福をお祈りします。

火は火星の火 第4回 「スペースインベーダー」

火曜日に火星SFを観る「火は火星の火」第4回は1986年の「スペースインベーダー」。
先週の火曜日に観た「惑星アドベンチャー/スペース・モンスター襲来!」のリメイクであり、8月26日に亡くなったトビー・フーパーの監督作である。原題はオリジナルと同じ「INVADERS FROM MARS」。

びっくりするくらいオリジナルに忠実なリメイクだった。まさかこんなに原典通りのストーリーだとは思わなかった。デビッド少年が丘の向こうにUFOが降りてくるのを目撃する出だしから、ちょっと微妙なエンディングまで基本的なアウトラインは全くそのままなのだ。中盤の展開が少し違うけど、問題の丘の風景も忠実に再現しているし、首の後の傷も地下の宇宙人の基地も火星人の構成も火星人が地球に来た理由もラストの脱出劇もほとんどそのままである。ちなみに主役のデビッド少年を「パリ、テキサス」のハンター・カーソンくんが演じている。リンダ先生役のカレン・ブラックは実の母親。

オリジナル版でデビッド少年を演じたジミー・ハントは警察署長役でゲスト出演。デビッドが通う小学校はメンジース小学校で、メンジースというのはオリジナル版の監督の名前である。作り手たちのオリジナル版に対する並々ならぬ敬意が感じられる。そうか、「惑星アドベンチャー/スペース・モンスター襲来!」ってそんなにリスペクトされている作品なのか。てっきり宇宙人が親や隣人に入れ替わるというアイディアだけもらった別物なのかと思った。

脚本に「エイリアン」や「バタリアン」で有名なダン・オバノンが入っている他、特撮にジョン・ダイクストラ、スタン・ウィンストンが入っていてなかなかに豪華な布陣なのだが、全体としてはだいぶチープな仕上がり。たぶん公開当時観に行っていたらがっかりしてた。しかし今回はそれなりに楽しく観た。何よりオリジナル版を観てから観たのでフーパー監督はじめ作り手たちの工夫とこだわりが感じられて微笑ましい。テレビで「スペース・バンパイア」やっているのもご愛嬌。まあ傑作ではない。しかし嫌いにはなれない映画だ。基本この映画はジュブナイルなんだと思う。1986年には僕はとっくに成人していたが、小学生でこれ観てたらけっこうトラウマになったはず。両親が宇宙人に乗っ取られるという基本設定がすでに子どもには怖いし、リメイク版オリジナルのルイーズ・フレッチャー演じる生物の先生は強烈なインパクトだ。変な火星人とその奴隷ミュータントも楽しい。作り手の稚気をこそ愛すべき映画。
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR