スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国出張のこと(2.三カ国合同展)

そもそも今回の韓国出張には二つ目的があった。
一つは京都精華大学マンガ学科とグットン大学マンガコースの合同展を韓国ですることになって、僕も出品することになったのでそれで呼ばれたのだ。
ストーリーマンガコースからはT先生、N先生、僕、カートゥーンコースからはS先生、それに両コースの学生たちが10人ずつくらいの大所帯だった。
それが旅の前半の目的。
もう一つは入試広報の方から韓国の高校の視察に行くことになっていて、それが旅の後半の目的。

9日の晩泊まったのはグットン大学のゲストハウスだが、大学のゲストハウスというからしょぼい宿舎みたいなのを想像していたら、立派なホテルみたいな部屋だった。
そこに実駒と二人で泊まった。
床が暖かく、さすがオンドルの国だと感心した。
グットン大学というカタカナの表記しか聞いていなかったのだが、壁にFAR EAST UNIVERSITYと書いてあるのを見て、グットンが極東の韓国語読みだと分かった。

10日はソウルのインサドンのギャラリーで合同展の搬入。
インサドンは有名な観光地らしく、土産屋さんやレストランやギャラリーが並んでいて賑やかだ。
観光地ということで、京都とよく似ている。
実際初めて来た韓国は外国という気があまりしなかった。
文字がハングルで車が右側通行なのを別にすれば、日本とそんなに変らない気がした。
仕事で毎年のように行っている台湾よりずっと外国感が少ない。
もっと言えば沖縄の方が外国感があるくらいだ。

ギャラリーはきれいなところだったが、作品数がスペースに比べて多すぎた。
精華とグットンだけではなく南京芸術学院というところも参加することになっていて、狭いギャラリーのところ狭しと作品が置かれた。
壁に二段、作品によっては三段に絵を飾り、それでも展示できない作品はイーゼルを立てて展示することになった。
ちなみに僕の作品はマンガ作品だったのだが、原画の横に留学生のYさんが訳してくれたハングル版が展示され、韓国語でも読めるようになっていた。
自分の作品が韓国語訳されているのは新鮮だった。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。