繁昌亭deハナシのノベル!!

今日は大阪に行って、まず天保山サントリーミュージアムの「クリムト、シーレ ウィーン世紀末展」を見る。
グスタフ・クリムトとエゴン・シーレの二人展だと思って行ったら、その他の画家の方が多かった。
肝心のクリムトとシーレは数も少なく、いい絵もあったけど、かなり寂しい。
他の画家にも思わぬ拾い物はあったけど、退屈な風景画とかも多くてちょっとがっかりした。
ウィーンの世紀末から20世紀初頭の美術状況のお勉強にはなるけど、物足りない展覧会だった。

気を取り直して、天満天神繁昌亭へ。
小説家が書いた新作落語を月亭八天さんが演じる実験的な落語の会、「ハナシをノベル!!」の拡大版。
八天さんが演じるのは安孫子武丸さんの「やっぱりエコが好き」、田中啓文さんの「うばすて村」、牧野修さんの「がしんじょ長屋」の三席。
落語に関しては全く初心者なのだけど、落語家というのはすごいもんですな。
あれだけ好き放題な創作落語を体一つで演じるんだから。
特に牧野さんのはすごかった。
なんか、もう落語という概念を超えていた。
あんなんありなんか、と感心しつつ大笑いした。
田中啓文さん、安孫子武丸さん、牧野修さんに、「ハナシをノベル!!」の常連、田中哲弥さん、北野勇作さんを交えたトークも笑かしてもらった。
これで十分元が取れたんで、満足して京都に帰った。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR