美代子阿佐ヶ谷気分

いろいろと予定がつまっていて、けっこう忙しいのだが、今日しか行く日がないと思ってみなみ会館に「美代子阿佐ヶ谷気分」を観にいく。
知っている人は知っているだろう。
「ガロ」などで活躍した安倍慎一さんの作品の映画化だ。
「美代子阿佐ヶ谷気分」は短編なので、実際にはいくつもの作品からエピソードが取られて、一本の映画になっている。
安倍さんのマンガは私漫画と言われ、美代子さんも実在の安倍さんの恋人、後の奥さんである。
主人公も安倍さん本人。
だからこの映画は安倍さんのドキュメンタリー的な要素を持ったフィクションである。
安倍さんは70年代に優れた多くの作品を発表したが、後に統合失調症を発症。
入退院を繰り返しながら、単発的に作品を作り続けている。
70年代の部分は、あの時代のやるせない感じが出ていて、またあの時代の漫画家の状況も伝わってくる。
その後は時代は安倍さんを取り残して過ぎていくのだが、その部分も、安倍さんが統合失調症を発症した後のことも、映画は感傷的になりすぎることもなく、淡々と描いていく。
映像は時にリアルで、時にシュールで、素晴らしい。
美代子役の町田マリー、安倍慎一役の水橋研二を始め役者陣もいい。
町田マリーは映画のかなりの部分でヌードなのだけど、その裸であることが映画のリアリティーに貢献している。
佐野史郎がガロの編集者を、林静一さん(!)がガロの編集長(つまり長井勝一さんだ)を演じていて、ガロという雑誌に思い入れのある人には興味深い。

客席はまばらで、年配の客が多かったのだけど、その中にルーズソックスをはいた女子高生が友だちらしき女の子と来ていた。
映画が終わった後も売店でパンフレットや安倍さんの漫画を熱心に見ていた。
70年代のあの空気を濃厚に伝えているこの映画を彼女たちはどういう風に受け止めていたんだろう。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR