マトリックス・レボリューションズ

マトリックス・シリーズ最終作「マトリックス・レボリューションズ」のDVDを観る。
今回、3部作を通して観るまで、マトリックス・シリーズというのはリアル・タイムで経験しておかないとあまり意味のない作品なんじゃないかと思っていたんだけど、そうでもなかった。
最後までかなり楽しんで観ることができた。
それは、この作品がよくも悪しくも王道エンターテイメントだということにある。
実際この3作目には、要素としては見たことのないイメージもストーリーもない。
どこかで見たイメージ、ストーリーをサンプリングして再構成した作品だ。
過去のSF映画や戦争映画や歴史映画や宗教映画やホラー映画や恋愛映画やカンフー映画や犯罪映画やその他諸々のイメージが重ねあわされている。
王道であることで、この映画はちょっとやそっとのことで古びない。
逆に言えば王道であることが限界で、この映画に何か全く新しいものを期待すると失望するだろう。
実際「レボリューションズ」と言うからには、もう少し何か予想外のラストが待ち受けているのかと思ったら、案外そうでもない。
ではつまらなかったのかと言うと、そんなことはない。
王道エンターテイメントとして、これは一級品だ。
メイキングもついていたのだけど、この映画を支える技術陣の創造性には感服する。
素晴らしい仕事をしていると思う。
たっぷり楽しませてもらった。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR