おまバンと地球最大の決戦

うちの大学の学祭である木野祭が明日からで、今日は前夜祭。
警備の当番に当たっていたので夕方から大学に。
模擬店の準備が始まっていて、もう営業を始めているところも。
僕は学祭が好きなので、それだけでわくわくする。
7時からは例年通り大ステージでお祭バンド、略しておまバンがコントともライブともつかない馬鹿騒ぎをする。
みんなあいかわらず馬鹿でたいへんよろしい。
明日からの本番が楽しみだけど、天気崩れるらしいね。
雨降らないといいけどなあ。

帰ってからはDeAGOSTINIの東宝特撮映画DVDコレクション3「三大怪獣 地球最大の決戦」を観る。
長年この三大怪獣というのが何と何と何をさすのか疑問だったんだけど、と言うのも僕の子供の頃はこの映画、「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 地球最大の決戦」となっていて、なんでラドンが入っていないのだ?と思っていたのだ。
付録冊子によると、この「ゴジラ・モスラ・キングギドラ」というあおりは1971年のニュープリント版で使われたもので、1964年の本公開のときはあくまでゴジラ・モスラ・ラドンの三大怪獣が宇宙超怪獣キングギドラと戦う、というコンセプトだったのだな。
納得。
この映画の魅力はなんと言ってもキングギドラのデザインと、サルノ王女/金星人の設定だと思う。
特に後者はいかにもこの時代の空想科学ものらしい秀逸なアイディアだった。
今の若い怪獣ファンに通用するかどうかは分からないけど。
個人的には浮浪者姿の若林映子がかわいいと思う。
ゴジラはすっかりやんちゃ坊主的キャラクターになってしまって、一作目の面影はないけど、優等生のモスラ、やんちゃ坊主のゴジラ、クールなラドン、という組み合わせはキャラクターものの基本ではある。
僕は今観ても十分面白いと思うけど、最近のCG映画に慣れている若い映画ファンはどう感じるんだろう。
そりゃ、あらを言い出したらきりのない映画だからなあ。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR