名門ハマー吸血鬼二本立て

英国の名門ハマー・フィルム作品といえば、僕にとってはB級の上限である。
今日はハマー・ホラーの吸血鬼映画二本。

一本目は「凶人ドラキュラ」。
1966年作品で監督は名匠テレンス・フィッシャー。
ドラキュラ役はむろんクリストファー・リーである。
1958年の「吸血鬼ドラキュラ」の後、ドラキュラ伯爵の登場しない「吸血鬼ドラキュラの花嫁」(1960年)をはさんでのシリーズ第3作目に当たる。
「吸血鬼ドラキュラ」で滅びたドラキュラ伯爵が復活するまでが前半。
復活シーンはなかなか見応えがある。
前作では、ドラキュラのマントは表も裏も黒だったのだけど、今回からは裏地が赤のマント。
こっちの方が一般的なイメージではなかろうか。
「吸血鬼ドラキュラ」ではけっこうおしゃべりだった伯爵だが、今回はセリフ一切なし。
伯爵が自らの胸を爪で傷つけて、流れる血をヒロインに飲ませようとするシーンが実にエロティック。
ルドウィックという、ハエを食べるドラキュラの僕(しもべ)が出てくるのだけど、これは「吸血鬼ドラキュラ」には登場しなかったレンフィールドという原作のキャラクターが元になっている。
ハマーのドラキュラ・シリーズで原作小説に忠実なのは「吸血鬼ドラキュラ」だけだけど、一作目で使われなかったアイディアが他の作品で使われていることはけっこうある。
端正な佳作だが、ドラキュラがちょっと弱すぎるのが難点。
今ひとつ盛り上がりには欠ける。
ちなみにオリジナル・タイトルは「DRACULA PRINCE OF DARKNESS」。
このタイトルはかっこいいなあ。

もう一本は「吸血鬼ハンター」。
オリジナル・タイトルは「CAPTAIN KRONOS VAMPIRE HUNTER」。
キャプテン・クロノスと相棒のせむしのプロフェッサー・グロストが吸血鬼ハンターとして吸血鬼と戦う作品で、元々シリーズものにする予定だったのが、興行成績が振るわずこれ一本になったらしい。
でも、この映画、今のヴァンパイア・ハンターもののはしりとも言える作品だと思う。
監督はブライアン・クレメンスという人。
なんかテレビっぽい画面だと思ったら、監督、やっぱりテレビ出身らしい。
この映画の吸血鬼はいろいろ変っていて、血ではなく若さを吸う吸血鬼。
吸血鬼が近づくと死んだヒキガエルが生き返る、というのも他で見たことない設定だな。
ほんとにそんな伝承があるんだろうか。
脚本も演出も冗長なところがあって、しっかりB級だけど、キャラはたってるし、展開にも工夫があり、飽きさせない。
ヒロインのカーラを演じているのは「007 私を愛したスパイ」のキャロライン・マンロー。
この映画でも色っぽいところを見せている。
ところで、クロノスは何本か剣を使うんだけど、その一本が日本刀に見えるんだけど、違うかな。

二本ともDVDはIMAGICAというところが出している「ハマー・フィルム怪奇コレクション」というBOXセットに入っていたもの。
実は今日観た二本は前にも観たことがあるんだけど、まだ観てないのが何本もあるので、そのうち紹介します。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR