野獣死すべし

「野獣死すべし」のDVDを観る。
原作大薮春彦、監督村川透は同じなので、「蘇える金狼」と同じようなダーティーヒーローものだろうと思ったら、松田優作演じる伊達邦彦は「蘇える金狼」の朝倉哲也とはだいぶ違うキャラクターでちょっと驚いた。
この役のために松田優作は8キロも体重を落としたそうだけど、最初松田優作だと分からなかったくらい細い。
鍛えられた肉体を持った「蘇える金狼」の朝倉とはまず見た目が全然違う。
伊達は感情を表に出さず、女にも出世にも興味がない。
実は金にも本当は興味がない。
彼を掻き立てるのは殺人への衝動で、それは終盤の長い独白で明らかにされる。
その内容に作り手の社会派的な問題意識を見ることも可能だが、まあ、それは余計なことだろう。
映画そのものが傑作とだとは思わないけど、松田優作が作り上げた虚無的なキャラクターは忘れがたい印象を残す。
加賀丈史も好演。
小林麻美はあんまり演技してませんが美しいですね。
ていうかすごく懐かしい。
あの時代の美女。

明日は「人間の証明」の予定。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR