スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狩野山楽・山雪展

京都国立博物館で開催されている「狩野山楽・山雪」展に行ってきたのだ。
日本美術史に疎いので、山楽とか山雪とか言われても知らなかったのだが、桃山時代から江戸初期にかけて京都で活躍した師弟画家。
徳川の時代になって江戸に進出した江戸狩野に対して、京狩野、というらしい。
「京都の狩野派は濃い」がキャッチコピーになっている。

実際、濃い。
師匠の山楽は豪快な筆致で絢爛たる画面を作る人で、「龍虎図屏風」の迫力たるや凄まじいばかり。
エネルギーが漲っている感じがする。
人物画も生き生きしていて、「車争図屏風」という源氏物語を元にした絵なんか、ちっこい人間がたくさん描かれているのだが、それぞれが生き生きした動きを見せていて見飽きない。

弟子の山雪は師匠より几帳面で凝り性だったようで、今でいう超絶技法的な作品が多い。
同じ画題の「龍虎図屏風」を描いているが、雰囲気が全然違う。
龍や虎は師匠よりずっと大人しいが、緻密に描き込まれたマチエールが圧巻。
水の描写にも特徴がある。
色彩はコントラストがはっきりしていて、曖昧さのない画面構成。
「長恨歌図巻」という玄宗皇帝と楊貴妃のラブストーリーを絵巻化したものがあるのだけど、その緻密で鮮やかなことと言ったら、想像を絶する。

点数的には山雪の方が多く、バラエティーに富んでいる。
あくの強い人物画や意外にかわいい動物画もあり楽しい。
全体としてもかなりのボリュームのある展覧会で、圧倒された。
ほとんどの絵に金箔が施されており、大作も多いので、印刷ではあの迫力は伝わりにくい。
ぜひ足を運んで見にいってほしい展覧会。
オススメです。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。