スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美の競演 京都画壇と神坂雪佳

今日は用事があって町中に出た。
その帰りに、ついでだからと高島屋でやっている「美の競演 京都画壇と神坂雪佳」を見る。
京都市美術館と細見美術館の所蔵品から、明治~昭和初期の日本画と工芸品を展示している。
意外に見応えがあった。

神坂雪佳は最近流行りなのかな。
本もけっこう出てるね。
最後の琳派にして近代デザイナーの元祖。
自然美を抽象化しておおらかなデザインにしているのは確かに今見ても魅力がある。

でも今回は京都画壇の女性画の方に目が行った。
図録に入っている竹内栖鳳の「絵になる最初」は会場になかった。
ヌードになる寸前のモデルの恥じらいを絵にした作品で、確かに初々しさがよく出ているけど、おやじ趣味といえばおやじ趣味。
まあ、ヘテロセクシュアルの男性が女性を描けば、ある程度エロくなるのは仕方ないし、そのために裸婦描いてるわけだしなあ。
全否定するつもりは全然ないです。
でも、貧しい女性を共感を込めて描いた梶原緋佐子の「帰郷」とか、一人でいるときの油断しまくった女性を描いた伊藤小坡の「夏」とか、溌剌とした勇ましい女性像、丹羽阿樹子の「遠矢」とかの方が僕には好ましかった。
女性が女性を描くときの、ナチュラルさみたいなのにけっこう憧れがある。
上村松園はまた別格。
女性美を格調高く様式化していて、これはこれで素晴らしい。
「人生の花」「待月」など数点。

四条辺りにお出かけのついでがあれば寄って損のない展覧会。
20日まで。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。