町別対抗バレーボール大会(その2)

そして6月16日日曜日、町別対抗バレーボール大会当日が訪れたのである。
お弁当は、たぶんなんかいるんだと思うけど、朝適当にコンビニで買うからいいよ、と実駒に言ったのだが、哀れんでくれて即席でお弁当を作ってくれた。

僕らのK町男子チームはメンバーが七人。
一人余る計算なので、上手くいけば試合から外れられるのではないか、という淡い期待もつかの間。
いきなりメンバーになって、ろくに練習もしないまま本番という大ピンチ。
実際に始まってみると手よりもむしろ足が動かない。
よたよたと足がもつれる。
なんとか来たボールに腕を当てるくらいは出来るけど、ボールの向かう先まで気を使う余裕はない。
周りのサポートに助けられて、必死にボールを追う。
サーブがいちおう全部入ったのだけが救い。
そうこうするうちに第1セットが終わる。
我がチームが第1セット取られたのだが、何点差だったのかも覚えていない。
ひー、もうよれよれですよ。
汗だくですよ。
まだ第2セットあるの?
もうだいぶ息上がってるんですけど。
そして第2セット中盤でよろよろボールを追っていたら左足をぐねってしまってあえなくリタイア。

結局第2セットも取られて第1回戦は敗退。
第2回戦は応援に回ったけど、こちらもストレート負けだった。
でも僕は実はだんだんバレーボール大会を楽しむ心境になってきたのだ。
あまり知らなかった地域の人とも少し仲よくなれたし、負けはしたものの、第1回戦が終わった後に飲んだアクエリアスは極上の味だった。
他チームの点数まくりの仕事もした。
僕はこういう単純だけど正確さが要求される仕事が苦手だ。
間違って2枚めくってしまったらどうしよう、とか考えてけっこう緊張した。
緊張していたせいか、飛んできたボールを顔面で受けて眼鏡飛ばす、というお約束ギャグもばっちりだ。

K町女子チームは不甲斐ない男子チームよりずっと健闘していて、そちらの応援にも行った。
女子チームはなんかちゃんとバレーボールの体をなしている。
ちゃんとレシーブ、トス、アタックという流れになっていて、おお、と思った。
男子チームは向こうに返すので精一杯だったからね。
いや、僕だけではなく。

なんだかんだで僕は町別対抗バレーボール大会というイベントをかなり楽しんだ。
あと、やっぱり少しは運動しないと駄目だな、と改めて思った。
なかなか充実した一日ではあった。

あ、お弁当は町内会で出してくれた。
先に言ってくれよ。
僕はもちろん愛妻弁当の方を食べましたよ。
もらったお弁当は晩ご飯になりましたとさ。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR