芸術、デザイン、お色気はさんで創作落語

7月5日は盛りだくさんな日だった。
創作落語の会「ハナシをノベル!!」に行くのが主目的だったのだけど、どうせ中之島に行くのなら、と中之島界隈で予定詰め込んだのだ。
貧乏性なのである。

まずは7月15日までの国立国際美術館「美の饗演 関西コレクションズ」展。
マティスの絵のポスターでこのタイトルだと誤解を招くんじゃないかと思う。
この展覧会はざっくり言っちゃうと「20世紀西洋アート史を振り返る」って感じの展覧会。
一番古いのがセザンヌの1990年頃の絵画で、一番新しいのはミリアム・カーンの2011年の絵画なのだが、ほとんどは20世紀の作品で、それが大体時代順に並んでいる。
日本人を含め、アジア作家の作品はなく、南アフリカの作家のが一つあるけど、だいたヨーロッパとアメリカ中心のセレクト。
そういう意味では非常にオーソドックスに20世紀アートを俯瞰した展覧と言えると思う。
「美の饗演」というタイトルが今ひとつに感じるのは、僕の理解しているかぎりでは「美」は必ずしも20世紀アートの中心的なテーマではなかったからだ。
実際、美、と言われると、ちゃうやろ、という作品多い。

関西の6美術館の所蔵品から選んだ作品で、実はかなりの作品は見たことがある。
しかしこうやって20世紀アートのパースペクティブの中に置いてみると、すっと腑に落ちるものがある。
昔見た時、なんじゃこれは?と思ったルーチョ・フォンタナの、キャンバスにナイフで切れ目入れただけの作品とか、ミニマリズムのほとんど何も描いてない作品とかも、その時代の文脈の中で意味を持っていたことがなんとなく分かる。
よかったのはジョゼフ・コーネルとマーク・ロスコ・
コーネルは5作、ロスコは4作展示されていて、それぞれほぼ1スペースを埋めている。
コーネルの作品は非常に繊細なので、他の作家と並べずに1スペース使ってくれたのはよかった。
ロスコはやっぱりあのサイズで見ないと。
ブランクーシやジャコメッティやアルプの立体作品もさすがに存在感があった。

こうやって20世紀アートを俯瞰すると、ああ、20世紀アートってもう「現代アート」ではないんだ、という当たり前の事実に気がつかされる。

次に行ったのが東洋陶磁器美術館、「森と湖の国 フィンランド・デザイン」展。
主にガラス作品の展覧会。
東洋陶磁器美術館は初めて。

まず、思ってた以上に点数が多くて、びっくり。
実はもっとこじんまりとした展覧会かと思っていた。
18世紀後半から現代までのフィンランドのガラス・アートが、こちらも大体年代順に並んでいる。
フィンランドのガラス工芸の歴史なんて全く知らないわけだけど、丁寧な解説パネルがついていて、理解を助けてくれる。
しかしそんな解説がなくても、並べられたガラス作品はどれも息を呑むほど美しい。
ほとんどの作品には作家名がついているので、作家ごとの個性の違いを見るのも楽しい。
カイ・フランクとかタピオ・ヴィルッカラとかティモ・サルパネヴァとかオイヴァ・トイッカとか、今まで聞いたことのなかった作家名が、展覧会を一通り観終わる頃には馴染み深い名前になっている。
トイッカいいよ、トイッカ!
常設展も充実していて、ちょっと時間が足らないくらいだった。
期間中にもう一回行ってもいいくらい。
実駒も好きそうなので、もう一回行こうかな。
7月28日まで。

さて、その後は作家の安孫子武丸さんたちとTHE HOOETERSというビアガーデンで一杯。
実はTHE HOOTERSってよく知らずに行ったんだけど、ぱっつんぱっつんのタンクトップにホットパンツのお姉さんがいるビアガーデンなのでした。
中之島では川べりで期間限定でオープンしている。
いい気分で飲む。

7時から中之島公会堂で、この日のメインイベントの「ハナシをノベル!!」。
小説家が書き下ろした新作落語を月亭八天改め月亭文都さんが演じる、落語家と小説家のコラボレーション落語会。
今回が第39回。
この日の演目は酉島伝法さんの「人間そっくり」と田中哲弥さんの「わあわあ言うております」。
「人間そっくり」はロボットものの落語。
ロボットものの落語、というジャンルはないと思うが、この「ハナシをノベル!!」ではそれくらい当たり前なのだ。
「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」的なネタで笑わせてくれる。
そして、田中哲弥さん原作の「わあわあ言うております」はなんとメタ落語。
これはすごいわ。
ようこんなアホなハナシやんなあ。
実に実験的で、しかもちゃんと面白い。
いいものを見せてもろうた。
中入り後の桂三扇さんの「悋気の独楽」もオーソドックスに面白かった。
8月は第40回なんで、そちらもぜひ行きたい。
東京でも7月28日にやるらしいので、関東の人もチェックするといいよ。
牧野修さんの怪作「がしんじょ長屋」、クトゥルー版とかやるらしいよ。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR