スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友松直之ナイトPart2

水曜B級ナイトを一日遅らせて8月8日木曜日に友松直之監督作品を二本観た。
7月11日の記事の続きである。

この日観たのは「メイドロイドVSホストロイド軍団」と「レイプゾンビ2」。
以下ネタバレごめん。

「メイドロイドVSホストロイド軍団」は、前作「メイドロイド」と同じく、吉沢明歩さんがマリアという名のメイド型アンドロイドを演じているが、話としてはつながっていない。
前作でマリアのご主人様だった野上正義さんは今回は博士役。
その名も高円寺博士。
敵役の博士がプロフェッサー植草で、メイドロイドには不完全な「恋愛回路」が組み込まれている。
といえば、おやじ世代のオタクにはぴんと来るはず。
「人造人間キカイダー」ですね。
若い人のために書いておくと、それぞれ光明寺博士、プロフェッサー・ギル、「良心回路」のもじり。
プロフェッサー植草が笛(オカリナだけど)を吹くシーンもあるよ。
あ、てことは主役のキモオタの秋葉章太郎の章太郎ってそこから取ったのか。
なんて罰当たりな!

イケメンのホストロイドがそれほどイケメンじゃなくて、キモオタの章太郎君がわりとイケメンなので、見た目的にあんまり変らんよなあ、と思うけど、そこはまあ目をつぶって。
前回はなかったアクションシーンもちょこっとだけあります。
亜紗美さんがスタントやってるのか。
ある意味豪華。
エロも前回よりちょこっと多めだけど、基本さほどエロくないです。
友松監督の純愛路線。
吉沢明歩さんは今回は人間の女子大生役と二役。
いろいろと物足りないんだけどアッキーがかわいいからいいや。

二本目は「レイプゾンビ2」。
こちらはだいぶ力こぶ入っている。
ほとんどの男が知性を持たないレイプ魔になってしまった未来。
東京は核兵器により壊滅、
そこに女たちが暮らす女村(あまぞん)とレイプゾンビに変身しない童貞オタクのアキバ帝国が対立している。
今回はレイプゾンビはアキバ帝国のオタクたちに使役されるリア獣という位置づけ。

前回死んじゃったあいかわ優衣さんは何の役で出るのかと思ったら、アメリカのアンドロイド兵役だった。
おお、ここでメイドロイドとつながるのか。
関節を動かす時の機会音とか高速で瞬きするところとか、メイドロイドの時の演出がそのまま使われている。
アクションシーンもすごくチープだけど派手で馬鹿馬鹿しくていい感じだ。

前回から出演している桃子(小林さやさん)とノゾミ(小沢アリスさん)も登場し、さあここから面白くなるかな!と思ったところでまさかの「To be continued」。
えー!?
マジかよ!!!
ああ、「2」と「3」がセット発売されてるのはこういうことかあ。
うわあ、めっちゃフラストレーションたまった。
亜紗美さんの本格的な復活も「3」か。
今回の見せ場は強いて言えば友松監督本人がオタクたち相手に熱弁ふるうシーンですかね。
おいしいところは全部「3」に取ってある感じ。
くそー。

というわけで、次の予定は来月第2水曜日。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。