東宝特撮ナイト第2夜(「ゴジラの逆襲」と「ラドン」)

東宝特撮ナイト第2夜は1955年の「ゴジラの逆襲」と1956年の「空の大怪獣ラドン」。
本当はその間に「獣人雪男」というのがあるんだけど、残念ながらDVD化されていない。

「ゴジラの逆襲」は監督が本多猪四郎から小田基義に交代。
「透明人間」の監督だが、基本的に庶民派だ。
前作「ゴジラ」の悲壮感、重厚感とは比較にならないくらい軽い。
アンギラスが初登場。
アンギラスはアンキロサウルスだとはっきり言ってるんだけど、アンキロサウルスにはそんなに似てない。
アンキロサウルスはあんなにとげとげしてない。
あとアンキロサウルスの尻尾はあんなじゃない。
時代は、「ゴジラ」の「200万年前」から「7000万年から1億5000年前」に変更されていて、これだとまあ白亜紀の年代と合う。
でもアンキロサウルスが肉食だと言っているのは無理がある。
ゴジラが前作ではゆっくり動いていたけど、今回はちょこまかとわりと速い動きをするので、コミカルに見える。
これがこの後の怪獣映画ではむしろ基本形になるわけだな。
音楽も伊福部昭ではなく、佐藤勝が担当していて、やっぱり音楽が違うと全然雰囲気違うなあ。
嫌いじゃないんですけどね、この映画。
人情怪獣映画って感じで。
志村喬と千秋実が出ているとやっぱり「七人の侍」連想するな。
「七人の侍」は1954年、前の年の映画です。
「ゴジラ」と「七人の侍」が同じ年なんだな。

「ラドン」は監督が本多猪四郎に戻っていて、やはり貫禄が全然違う。
音楽も伊福部昭。
東宝怪獣映画初のカラー作品。
長さが82分というのが意外だった。
大作感のある映画なので、もっと長いと思っていた。
炭坑での一人の坑夫の不審死に端を発し、サスペンスを保ちながらどんどんスケールを大きくしていく展開が見事。
メガヌロンの幼虫は子供の頃テレビで観てすごく怖かった。
今観てもなかなかの迫力だ。
ラドンが出てくるのがDVDプレーヤーの表示では37分くらいのところ。
82分の映画の37分である。
ほとんど半分くらい経ってやっとラドンが出てくるのだ。
しかも最初はちらっと。
本格的に出てくるのは後半に入ってからである。
地底の途方もなく巨大な卵のイメージは鮮烈で、絵としての見せ方が素晴らしい。
地底幻想映画としても「ラドン」は傑作だと思う。
ラドンそのものの造形は今観るとちゃちくて、ハリーハウゼンのプテラノドンなんかと比べると空飛んでるようには見えない。
その代わり暴風で破壊されていく町並みは素晴らしくリアルで、間接的にラドンの凄さを表現している。
あと、本多猪四郎監督は群衆を描かせるとべらぼうに上手い。
そこが怪獣映画監督としての本多猪四郎監督の一つの美点だ。

「ゴジラの逆襲」では爆弾で雪崩を起こしてゴジラを生き埋めにする。
「空の大怪獣ラドン」ではミサイル攻撃した結果阿蘇が爆発してその噴火でラドンが焼かれる。
両方とも人間の攻撃はトリガーに過ぎなくて、最後は自然の力で怪獣が倒される。
「ゴジラ」のオキシジェン・デストロイヤーも似たところがある。
オキシジェン・デストロイヤーそのものは爆発したりしない。
海中の酸素を破壊する、というのはちょっと意味不明だが、イメージとしてはオキシジェン・デストロイヤーがトリガーになって海がゴジラを葬ったように見える。
基本的に日本の怪獣は人間の科学では倒せない。
アメリカの怪獣映画観ているとそこが違うなあ、と思う。

あと、「ゴジラ」の舞台が東京、「ゴジラの逆襲」が大阪と北海道、「ラドン」が九州だから、順番に観ると舞台がかぶらないように配慮しているのがよく分かる。
全国の名所を次々に破壊していく、というゴジラ映画の基本形がすでに出来上がっているのだ。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR