ヌイグルマーZ

そしてまた新しい映画についても書くよ!
って、このブログ、別に映画の感想ブログってわけじゃないんだけど、なんか映画のことしか書いてないね。
他に考えることないのかってくらい。
そのうちまた別のテーマでも書くよ。

で、「ヌイグルマーZ」である。
大槻ケンヂの名作「縫製人間ヌイグルマー」を鬼才・井口昇監督が映画化、しかも主演はしょこたんこと中川翔子さん。
これは期待するしかないでしょう。
と思って、だいぶ前から楽しみにしていたのだ。

で、観た感想だけど、うーん、期待したのとはちょっと違ったかなあ。
主人公が女性である時点で原作とは違っているのは分かっていたんだけど、大槻ケンヂの熱く壮大な原作に比べるとだいぶスケールダウンした感じは否めない。
前半の説明的な部分も今ひとつノリがよくない。
大槻ケンヂの原作は、けっこうガチなSFだったりするんだけど、まあそこは期待する方が無理なのかなあ。

と言って、楽しめなかったわけでは全くない。
思い入れが強かった分、ちょっと期待とずれた、ということで。
中川翔子さんのダメ子のキャラクターはすごくいいし、変身後のヌイグルマーを演じた武田梨奈さんのアクションも決まっている。
ちなみにダメ子/ヌイグルマーは中川翔子さんと武田梨奈さんの二人一役で、武田梨奈さんはヌイグルマーとビリーの一人二役なのだ。
ややこしい。

マンガを読むサラリーマン軍団とヌイグルマーの戦いとか、井口監督ならではの変なシーンも楽しい。
何より、特撮(大槻ケンヂのバンド名ですよ)の音楽を全編に使用したロックミュージカルと思って観ると胸熱なものがある。
特撮(普通の意味ですよ)のチープさも楽しいし、アクションシーンはどれも見応えがあった。
多分、もう一、二回観ると案外素直に楽しめそうな気がする。

しょこたんの華麗なヌンチャク技が見れたのもよかった。
この映画のしょこたんはしょこたんでなければ出来ないキャラクターを生み出していると思う。
この映画は全編複雑な百合映画にもなっているんだけど、その辺もいやらしくなく描かれていて井口監督の乙女な部分がよく出ている。

ところで、井口監督は「けっこう仮面」を映画化すべきだと思うんだけどな。
あまり指摘されないように思うけど「けっこう仮面」も高橋真弓とけっこうのお姉さまの百合マンガでもある。
なぜ井口監督が「けっこう仮面」を撮らないのか理解できない。
撮るべき。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR