ロープ

毎週木曜を月極映画祭として、1月2月はヒッチコック特集のはずだったんだけど、あまり観れてない。
8本観れる予定だったんだけど、これで3本目。

「ロープ」は1948年の異色作。
ヒッチコックの初のカラー作品だそう。
「ゼロ・グラビティ」で長回しの話を書いたけど、この映画、僕の数え方が間違ってなかったら、最初から最後までで5カットしかない。
もっとも途中カメラが人物の背中にぴったり寄って、画面が暗くなって次のカットにつなぐ、というずるをやっているので、実際にはその倍くらい。
当時のフィルムは一回に10〜15分ほどしか撮れなかったので、そうやってつないだらしい。(ウィキ情報)
カットが変わるところも時間が飛んでないので、劇中の時間経過と観ている観客の時間経過が一致する。

これ、原作が一幕ものの舞台劇なのである。
それを映画でやってしまった、という作品。
舞台を映画にすると、自由度が増しすぎてつまらなくなることが多いのだが、そこはヒッチコック、あえて映画の自由度を犠牲にして緊迫感に満ちた映画にしている。

冒頭、二人の青年が同じ年頃の青年をロープで首を絞めて殺してしまうところから始まる。
最初のタイトルカットだけ、部屋の外から映していて、2カット目からは室内オンリー。
殺した青年をチェストに隠し、そこへ人を招いてパーティーをする、という趣向。
チェストの上に燭台や食器を置いてそこでみんな(殺された青年の恋人や父親もいる)が歓談する、というブラックな設定である。
二人の青年の一人は、殺人は優秀な人間の特権と言う考えの持ち主で、映画の中ではニーチェの超人思想の話が出る。
ニーチェは読んでいないのでよく知らないが、ドストエフスキーの「罪と罰」に同じような考えが出てくる。
招かれた客の一人がジェームズ・スチュアートで、彼が探偵役。

最初に殺人シーンが描かれているので、ミステリーとしてはいわゆる倒叙形式である。
倒叙形式と言うと「刑事コロンボ」が有名だけど、実は今「刑事コロンボ」のDVD観てるので、ジェームズ・スチュアートがコロンボに見えてしかたなかった。
コロンボよりだいぶかっこいいですが、探偵と犯人の心理戦、という意味では同じ。
また、「罪と罰」も倒叙型と言えなくないのだけど、そのラスコーリニコフとポルフィーリィの関係にも似ている。

窓から見えている風景はたぶんセットなのだけど、夕方から夜にかけての時間の経過をセットで表現している。
もう一つ上手いのは、向かいにネオンサインのある店があって、クライマックスでそのネオンが付くのだ。
赤と緑の光が交互に入ってきてクライマックスの雰囲気を盛り上げる。

実にトリッキーで計算され尽くした、ヒッチコックでないと撮れない、というより撮ろうと思わないような映画。
実験的で、同時にエンターテイメント。
クール。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR