スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイ・ライフ、マイ・ファミリー

2007年のアメリカ映画「マイ・ライフ、マイ・ファミリー」(タマラ・ジェンキンス監督)を観た。
フィリップ・シーモア・ホフマン追悼第2弾である。
まあ、こういう機会がなければ観ないタイプの映画である。

とりあえず、このひどい邦題には文句を言ってもいいのではないか。
そもそも「マイ」と言ってるのが誰なのかすら分からない。
原題は「The Savages」。
「サヴェージ家の人々」で、たぶん「野蛮人たち」という意味を兼ねている。
物語は、ラリー・サヴェージという老人が認知症になるところから始まる。
その子どもであるジョン・サヴェージとウェンディ・サヴェージの兄妹がしばらく音信不通になっていた父の元を訪れる。
この3人が「The Savages」ということになる。
父親以外は野蛮人てほどじゃないのだけど、虚飾をはぎ取った人間、くらいの意味でかけているんだと思う。

ラリーは恋人と暮らしていたのだが、その恋人が死んでしまい、住むところがない。
兄妹は父のために老人ホームを探す。
なんだかこの間観た「しわ」のようだ。
そしてこの話は僕にとってはかなり身につまされるところのある映画なのである。

ラリーはかなり暴力的な父親だったらしく、その父に対する愛憎がメインになるのかと思ったのだがそうでもない。
むしろ父の面倒を見るために再会することになった兄と妹の関係に焦点が当てられている。
兄を演じているのがフィリップ・シーモア・ホフマン。
妹がローラ・リニー。
兄はブレヒトの研究をしている大学教授で、妹は派遣の仕事をしながら戯曲を書いている。
演劇と言う共通項を持つ二人なのである。
兄にも妹にも恋人がいるのだが、それぞれに訳ありである。
その辺りはかなりリアルで、美化されていない。
二人とも中年と言っていい年齢であり、若くはないがかと言って人生を諦めてもいない。
ますます身につまされる。

フィリップ・シーモア・ホフマンの演じる大学教授は、少々だらしなくてコレステロール値が高くて運動不足だ。
その辺もさらに共感を呼ぶわけだが、ホフマンはその役をとてもチャーミングに演じている。
インテリジェンスは感じさせるが、嫌みがない。
ホフマンが恋人の作る卵料理を食べて泣くシーンがすごくいい。
情けないんだけど憎めないキャラクター。

決して暗い映画ではない。
避けられない人生の面倒事を暖かく描き出した作品。
ラストは意外なくらい前向きで爽やか。
好んで観るタイプの映画ではないけど、いろいろと今の自分と符合することが多くて共感するところが多かった。

ところで、老人ホームの看護師がみんなアフリカ系なんだけど、アメリカの看護職ってそうなのかね。
ナイジェリア出身の看護師がすごくいい奴なんだけどね。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。