仮面ライダー大戦

「平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊」を大の大人二人で観にいく。
いや、それは藤岡弘の本郷猛が出るとあっては行かないわけにはいかんでしょう。

と言っても、僕は昭和ライダーもストロンガーで止まっていて、平成ライダーはほとんど観たことがない。
まあ、話のネタにと思って観にいったのだが、これがなかなか面白かった。
なにしろ、平成ライダー15人、昭和ライダー15人にオリジナルのライダーやら悪役やら出て、さらにスーパー戦隊まで出てきて、上映時間は1時間50分。
ストーリーなんてあってないようなもんだろうくらいに思っていたが全然そんなことありませんでした。
ライダーなめてました。

全体にスケールの大きな大構造の話があって、それがある家族の物語とからんでいて、そのメインのストーリーに仮面ライダーの物語がかなり複雑に絡んでいる。
テーマも「生と死」という重いテーマをかなり正面から扱っている。
それでいて、アクションシーンもたっぷりあって、全編見せ場みたいな映画なのである。
それで上映時間は2時間切っている。
いろいろ無理はあると言えばあるけど、十分立派なものだと思う。

なんでそんなことが可能なのかというと、やはりそこには仮面ライダー40数年の蓄積があるからだろう。
脚本家も監督もその他のスタッフも平成ライダーシリーズにずっと関わってきた人たちばかりである。
昭和の仮面ライダーを観て育ち、それを継承、更新させているプライドが随所に感じられる。

スーパー歌舞伎でもそうだけど、文化と言うのは本来継承されつつ更新されていくものなのである。
僕らの世代は親の世代との間に文化的な断絶がある。
それは戦前/戦後という大きな断絶がそこにあったからで、それは不幸なことだった。
仮面ライダーシリーズが世代を超えて継承され更新されていったのは平和な時代が続いたからだ。
そしてそれが文化にとって本来的なあり方なのである。

ところで、「キカイダーREBOOT」の予告編が流れてたんだけど、こっちはなんだか微妙な感じだなあ。
テレビの方が伝統の継承と更新というサイクルがちゃんと出来ていて、映画の方にそれがない感じがする。
まあ、観てみないと何とも言えないけどさ。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR