スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひなぎく

さて、問題の「ひなぎく」である。
1966年のチェコスロバキア映画。
チェコスロバキアという国もなくなっちゃったね。
カルト的な人気のある作品で今まで何度か見る機会があったけど観逃してきた。
なんとなくオシャレな女の子映画というようなイメージだったのだが、観てみたら全然違った。
映像のテロリズムみたいな映画、
二人の女の子が主人公なのだが、脈絡なくシーンは飛ぶしストーリーなんてあるようなないような。
映像もカラーになったりモノクロになったり、モノクロの画面も赤や青や緑に着色されていたり。
まだCGもなかった時代にけっこう凝った映像がバンバン出てくる。
サイケデリック!
クライマックスはどこかのパーティー会場に入り込んでやりたい放題。
しかしラストはちょっと辛辣。

この映画をチェコスロバキア社会主義政権や当時のソビエト連邦(いわゆるプラハの春はこの2年後)や男性中心社会に対する批判と観ることは可能かもしれない。
でもそれではこの映画の魅力は半減してしまう気もする。
むしろ世界の意味そのものに反逆しているような潔さを感じる。
赤塚不二夫や永井豪のナンセンスなマンガの破壊力に通じるような。
ナンセンス、というものの持つ魅力をセンス(意味)に還元するのは野暮なんじゃないかと思う。
そんなわけで感想短めですが、すごく面白かったですよ。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。