エイリアン4

エイリアン映画祭第4回は1997年の「エイリアン4」。
原題は「ARIEN RESURRECTION」。
邦題も「エイリアン/復活」でもよかったんじゃないかなあ。
監督はジャン=ピエール・ジュネ。
この時にすでにマルク・キャロと共同監督した「デリカテッセン」「ロスト・チルドレン」で定評のあった監督だが、長編の単独監督作品としては初だし、アメリカでの制作も初。
世界的にヒットした「アメリ」はこの後の2001年作品なので、新しい才能に監督を託すこのシリーズのコンセプトは受け継がれていると言っていい。
僕はなぜか公開時にこの映画を観逃していて、今回が所見。
以下今さらだけどネタバレごめん。(なるべくネタバレ避けてますが。)

前作の「エイリアン3」で主人公のリプリーさんが死んでしまって、どうするのかと思ったら、まあそこは伝家の宝刀です。
クローンといえば何でも通ると思うなよ、とも思うが、そこは目をつむるのがお約束。
しかしそれなりに工夫もある。
リプリーさんの遺伝子にエイリアンの遺伝子が組み込まれていて、今度はリプリーさんがエイリアンの母親になる。
これはなかなかエグい設定だ。
この映画のリプリーさんはこの世の果てを見てきた人のようで何か聖性を帯びている。
シガニー・ウィーバーの演技も貫禄十分で、4作を通して「エレン・リプリー」という20世紀SF映画最大のヒロイン像を打ち立てたと言っていい。
対して、この映画もう一人のヒロイン、ウィノナ・ライダーが素晴らしく可憐。
ウィノナ、久しぶりに観たけど、この頃のウィノナは本当に素晴らしいな。

そんな新旧二人のヒロインを中心に物語は進むのだが、脇役陣も個性的で魅力的。
ジャン=ピエール・ジュネ監督の常連、ドミニク・ピノンとロン・パールマンの凸凹コンビもいい味だが、個人的にはブラッド・ドゥーリフですよ。
あぶない科学者役で異彩を放っています。
ブラッド・ドゥーリフ(昔はブラッド・ダリフと表記されていたと思うが)、いい役者だと思うんだけどあまり役に恵まれていない。
「カッコーの巣の上で」で脚光を浴びたあと、いろんな映画に出てるんだけど、たいていちょい役。
「ミシシッピー・バーニング」のレイシストの保安官とか「デューン/砂の惑星」のコンピューター人間とか、最近(でもないか?)だと「ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔」の蛇の舌とか、印象に残る役はいろいろあるのだが、未だに代表作が「チャイルド・プレイ」のチャッキー(の声)とか書かれてしまうのはどうなの。
この映画でもすごくいい味出してるんだけどいかんせん出番が少ない。
元気な間に、これぞブラッド・ドゥーリフ代表作、っていうのに出てほしいなあ。

元々続編を作れる仕様になっていなかったにも関わらず、この映画、1作目から3作目までの流れを基本的に尊重した上で、きちんと物語を畳んでいる。
その上でジュネらしいブラックなユーモアも利かせている。
よく見ればいろいろ突っ込みどころはあるけど、個人的にはあんまり気にならなかった。

エイリアンシリーズは深層心理学的に解説しやすい映画で、この映画もユング心理学のグレート・マザーなんてのを持ち出すとわりと綺麗に説明できると思うけど、しませんよ。
でも、母性の光と闇を描いた映画であることは確か。
ちなみに今回僕が観たのは「劇場公開版」。
同じDVDに「完全版」というのも入っているのだが、ジュネ自身が、自分にとってのディレクターズ・カット版は劇場公開版だと冒頭の挨拶で言ってたので、そっちで観た。
それで正解だったと思う。
ラストが違うというので、あとで「完全版」のラストだけ観てみたのだが、こっちだとラストの感動はないな。
最初に観るなら劇場公開版をおすすめします。

4作続けて観るとキャメロンの2作目だけ浮いてる感があるけど、それぞれに個性的な監督が個性的な映画を作っていてどれも見どころがある。
シリーズものとしては稀有な例だと思う。
元々シリーズ化が予定されていなかった作品で、継ぎ足し継ぎ足ししてなんとか着地点まで持っていけたシリーズもの、というと昔の「猿の惑星」5部作とこれくらいじゃないだろうか。
堪能しました。

来月の月極映画祭は予告したとおり(誰も覚えてないと思うが)、ダコタ・ファニング祭です。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR