東宝特撮ナイト第10夜(「ドゴラ」と「地球最大の決戦」)

公開順に東宝特撮映画を観ていく東宝特撮ナイト、だいぶ間が開いたけど、今回観たのは前回の「モスラ対ゴジラ」に続き、1964年の「宇宙大怪獣ドゴラ」と「三大怪獣 地球最大の決戦」。
この年は3本も東宝怪獣映画が封切られたんだな。
ちょうど半世紀前のことである。

「宇宙大怪獣ドゴラ」については2011年1月7日の記事に書いている。
前にも書いたけど、僕は人間から遠く離れた怪獣というのがわりと好きだ。
「ウルトラQ」のバルンガとか「ウルトラマン」の四次元怪獣ブルトンとか「帰ってきたウルトラマン」の光怪獣プリズ魔とか。
ドゴラはそういうなんだかよく分からない系怪獣の元祖だと思う。
都市上空を舞うドゴラはゴジラやキングギドラと比較にならないほど巨大で、しかも増殖するのだ。
増殖してからの映像が今ひとつなのが残念だが、空から無数の触手が伸びてきて人類を襲い始める、とかいう展開になれば面白かっただろうなあ。
当時はそれは予算的にも時間的にも無理だったんだろうけど。
東宝特撮で一作マンガ描かせてやる、と言われたら案外ドゴラ選ぶかも知らん。

ところで、この映画の原作は丘美丈二郎という人なのだが、なんかよく見る名前だなあと思ったら、「地球防衛軍」「宇宙大戦争」「妖星ゴラス」とこの「宇宙大怪獣ドゴラ」の原作がこの人だ。
一時期の東宝SF路線のほとんどがこの人の原作ということになる。
戦前からの探偵小説家で、SF的な作品も書いていて、そこをプロデューサーの田中友幸に買われて東宝特撮映画の原作を手がけるようになったらしい。
もっともその頃には小説は書かなくなっていたらしいが。
今手に入るのあるのかな、と思って調べたら、なんと全小説を二巻本に収めたものが出ている。
ほしい!と思ったが、海野十三全集もまだちょっとしか読んでないので思いとどまった。
そのうち買ってやる。

「三大怪獣 地球最大の決戦」についてはの2009年11月1日の記事に書いている。
この時期の怪獣映画の充実ぶりを示す傑作だ。
短い時間に様々な要素を詰め込んで飽きさせない。
モスラがゴジラとラドンを説得しようとする下りは子供の頃テレビで見て、さすがにそれはないだろう、と思ったものだが。
キングギドラの美しさは怪獣映画屈指のものだと思う。

この映画にはセルジナ国の暗殺団の一員として黒部進が出てくる。
子供の頃はハヤタ隊員がなんでこんなちょい役で出てるのか疑問だったのだが、それは順序が逆で、黒部進は前年の1963年にデビュー、この映画が東宝特撮映画初出演で、「ウルトラマン」は2年後の1966年である。
もっとも「ウルトラマン」以降も東宝特撮映画ではあまり大きな役を演っていないのだが。

「宇宙大怪獣ドゴラ」ではダイヤ強盗をめぐるストーリーが、「三大怪獣 地球最大の決闘」ではセルジナ国のサルノ王女をめぐるスト−リーが上手く絡められていて、こういうサブストーリーの上手さは脚本の関沢新一の力なのだろう。
あと、二本とも若林映子が出ていて、強い印象を残す。
天本英世は「ドゴラ」ではダイヤ強盗団の変な中国人(?)、「地球最大の決戦」ではサルノ王女の家臣役で出てきて、出番は少ないながら印象深い。

次回は「怪談」。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR