スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IMARI展と四谷シモン展

出掛けにスマホの充電が切れた時のための充電器を念の為にかばんに入れたのはいいが、肝心のスマホ本体を置いていったのでは何のための充電器か分からない。
時計も持たなかったので時間も分からないし、カメラも持たなかったので写真も撮れない。
そもそも行き先の情報もよく分からない。

そんな迷子のような気分で、まず大阪市立東洋陶磁器美術館の「IMARI」展に行く。
ヨーロッパの宮殿を飾った輸出品としての伊万里焼の展覧会。
まあそういう歴史的なことに興味があったわけではないのだが、なかなか豪奢で面白かった。
今描いているマンガにちょこっと使う予定。

そして本来の目的は西宮市大谷記念美術館の「四谷シモン」展。
もっと早く行く予定が色々とずれ込んで最終日に行くことに。
スマホがないので、そもそも最寄り駅が分からない。
とりあえず阪神電車で西宮まで行く。
タクシーを拾うが、美術館の名前がさらにうろ覚えである。
西宮が最寄り駅ではなかった気がしたので、タクシーでどれだけかかるかも心配だ。
幸い、ワンメーターに毛が生えたくらいで着いた。
ちなみに最寄り駅は阪神なら香櫨園、阪急なら夙川である。

最終日は四谷シモンさんのギャラリートークとサイン会がある。
サイン会は先着100名で整理券が配られるのだが、僕は72番だった。
紅葉づいた日本庭園を背景に四谷シモンさんの人形がおいてあるロビーはなかなか不思議な取り合わせで、そこは写真も撮れたのだが、写真を撮れる機械の持ち合わせがない。
ギャラリートークもロビーにいる間は撮影可だったのだが、それも撮りそびれる。
ギャラリートークが始まる前に一通り見る時間があった。
澁澤龍彦を失い、東方キリスト教にはまっていた時期の天使の連作がとりわけ印象深い。
特に箱に入った三体。
おなじみの少年少女の人形ももちろん美しい。

ギャラリートークが始まると四谷シモンさんの声はマイクを通しても聞き取りにくいのだが、とつとつと語る語り口がこれらの作品を作った人形作家らしい。
創作人形というあまり前例のないジャンルをこつこつと迷いながら作ってきた人の言葉だ。
個々の作品を語るときは声のトーンが少し上がった。
ご本人も言われるとおり、どの作品も四谷シモンさんの分身なのだと感じる。

サイン会の時は握手もしてもらった。
あたたかい手だった。

帰りの雨のためか迷子の気分は去らなかったが、いいものを見ることができた一日。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。