スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミセス・ダウト

ロビン・ウィリアムズ追悼の4作目は「ミセス・ダウト」。
クリス・コロンバス監督の1993年作品。

離婚して週1回しか子どもに会えなくなった父親が、女装して家政婦として子どもたちの面倒を見る、という荒唐無稽なアイディアをロビン・ウィリアムズと特殊メイクのグレッグ・キャノン(この映画でアカデミーメイクアップ賞受賞)が実現している。
原題は「Mrs.Doubtfire」。
「放火の疑い」というような意味の新聞の見出しから取った家政婦の偽名である。
なかなかセンスのあるネーミングだ。

クリス・コロンバスはこの映画の前に「ホーム・アローン」でヒットを飛ばし、後に「ハリー・ポッター」の1作目と2作目を撮っている。
基本的に毒のない監督で、そこが物足りなくもあるが、この映画ではウェルメイドな喜劇をさすがに手堅くまとめている。

ロビン・ウィリアムズ演じるダニエルは日本で言えば声優で、この映画もアニメーションのアフレコシーンから始まる。
この声優という設定と、兄が映画のメイクアップアーティストだという設定が、ミセス・ダウトファイアーの設定を自然に見せている。
ミセス・ダウトファイアーは実際60歳くらいのおばさんにしか見えない。
これも映画のマジックだ。
「ガープの世界」ではジョン・リスゴーが性転換した女性を怪演していて、ロビン・ウィリアムズの主人公を食ってしまってる感があったが、今回はロビンの怪演が映画全体を引っ張っている。

映画ネタがたくさん出てくるのも楽しい。
別れた妻(サリー・フィールド)の新しい恋人役が5代目ジェームズ・ボンドことピアース・ブロスナンなのだが、当然007ネタも出てくる。

何より喜劇役者としてのロビン・ウィリアムズの魅力が最大限発揮された映画。
でもファミリー映画だと思って観ると、下ネタばんばん出ますよ。
たぶん、ロビンのアドリブなんじゃないかなあ。

ラストで新しい形の家族像を示せているのもいい。
実はそんなに期待していなかったのだけど、思っていた以上に楽しめた。

次回はロビン・ウィリアムズ追悼の最終回で「グッド・ウィル・ハンティング」。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。