鳥取に行ってきた(その2)

せっかく鳥取に来たので、2日めは境港の水木しげる記念館に行ってきた。
実は初鳥取なので、水木しげる記念館も水木ロードも初めてなのだ。
米子から境港へ行く電車がすでに妖怪列車。
砂かけ婆が正面にでかく描かれていて、側面には水木妖怪の数々、シートにもねずみ男や鬼太郎が。
あとで知ったんだけど、妖怪列車は6種類あるらしいんだけど、行きも帰りも砂かけ婆でした。
で、米子から各駅に妖怪名が振られていて、いちいち車内アナウンスで教えてくれる。

境港に着くと、もう水木しげる一色で、駅からすぐ水木ロードが始まっていて、水木妖怪のブロンズ像があちこちに置いてある。
街灯は目玉おやじ風。
店も水木グッズを扱った店が多い。
看板は水木キャラのオンパレード。
ときどき水木キャラの着ぐるみを着た人が通る。

しばらく歩くと水木しげる記念館が左手に見えてくる。
二階建てで和風の外装の建物である。
まず二階に上がるのだが、その階段のところに水木先生直筆の鬼太郎やねずみ男の壁画がある。
即興で落書きしたものだそうだ。
二階では水木先生の漫画を色々紹介。
けっこうマニアックなセレクトになっている。
一階に降りると水木先生の美麗なカラー原画の展示に続き「ねぼけ人生の間」になっていて、水木先生のこれまでが貴重な写真やその当時の絵を交えて紹介されている。
NHKの「ゲゲゲの女房」で向井理が水木先生をやっていて、さすがにそれは違うだろう、と思ったのだけど、20代30代の頃の水木先生はやせておられてイケメン。
向井理で全然違和感ない。

その後の「のんのんばばあとオレ」のコーナーからは妖怪の模型がいろいろ展示されていて、ちょっとしたお化け屋敷的な感じである。
なかなかよく出来ている。
楽しい。
子供の頃に来たかった。
日本の子どもはみんな見に来るべき。

「冒険家水木しげる」のコーナーでは、ニューギニアの仮面など水木先生の貴重なコレクションが展示されていて、民博のようだ。
水木先生は本当に世界中を旅しておられるのだ。

欲を言えば水木先生の原画がもっと見られると嬉しかったのだが、十分楽しかった。
今回は都合で午前中しかいられなかったのだが、次は一日かけて回りたい。
ともあれ、充実した初鳥取でした。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR