ギラーミン版キングコング

ギラーミン追悼、最後は「キング・コング」で。
1976年のギラーミン版リメイクは1933年の古典的傑作とピーター・ジャクソンによる2005年の野心作の間に挟まれてあまりパッとしない印象がある。
そういう立ち位置の映画ってあるよね。
ティム・バートン版の「猿の惑星」とかエメリッヒ版「GODZILLA」とか。
僕も当時、たぶん二番館に落ちてから観にいったのだけど、あまり感心しなかった記憶がある。

で、久しぶりに観てみたのだけど、意外にもかなり楽しめた。
この映画の最大の欠点はスカルアイランド(という名前は出てこないが)のシーンに恐竜が出てこないことだが、それを除けば娯楽映画として今観ても十分面白い。
1933年版ではストップモーション・アニメーション、2005年版ではCGだったコングはこの映画では着ぐるみ。
この着ぐるみコングがよく出来てる。
そのはずで、コングの造形は特殊メイクの巨匠リック・ベイカー(この頃はまだ新人)で本人がスーツアクターとして出演している。
表情が豊かで、着ぐるみモンスターとしては相当高い水準だと言っていい。
鳴り物入りだった実物大コングの出来は惨憺たるものだけど。

スカルアイランドのシーンは、スケール感もありなかなか楽しい。
セットやマットペインティングの作り物感も嫌いではない。
恐竜出てこないけど。(しつこい。)
ジェシカ・ラングは頭の軽いセクシーなブロンド娘というベタなヒロイン像をちゃんと魅力的に演じている。
なかなか出来るものではない。
後のオスカー女優の面目躍如たるものがある。

1933年版でも2005年版でもスキップしているスカルアイランドからニューヨークへの輸送の過程がこの映画では描かれている。(「キングコング対ゴジラ」には出てくるが。)
巨大タンカーの巨大な収容室に入れられたコングは小さくて哀れな感じだ。
この映画には「自然を破壊する巨大資本」に対する批判的な視点が入っており、そこが70年代的でもあり、ギラーミン的でもある。
髭面のジェフ・ブリッジスもその時代の雰囲気を伝えている。
エンパイアステートビルが世界貿易センターのツインビルに変わったことは当時がっかりポイントの一つだったが、今観るとこの映画に奇妙な悲壮感を与えている。
不謹慎かもしれないが。
ラストの苦味も味わい深い。

4週続きで今年9月に亡くなったジョン・ギラーミン監督の映画を観たのだが、実はギラーミンの映画の中で一番観たかった映画を今回入れていない。(DVDが高かったのだ。)
他にも何本か観たい映画があるのでもしかするとギラーミン追悼第2弾やるかもしれない。
「キングコング2」もあるしね。
(そういえば「キングコング2」の日本版ポスターって生賴さんが描いてるんだよなあ。)
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR