スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キングスマン

この秋話題の3大マン映画、最後の一本「キングスマン」を終映間際になってやっと観た。
なるほど、面白い。
そして思っていた以上にブラックだ。

単に人がたくさん死ぬから、というより、この映画の、おそらく監督であるマシュー・ヴォーン(と原作のマーク・ミラー)の眼差しにある種の毒というか悪意というか、そういうものが感じられる。
もっと言えばある種の狂気だ。
たぶん監督(と原作者)はサミュエル・L・ジャクソン演じる狂気のIT富豪ヴァレンタインに何分の一かは共感している。
人間というのはどうしようもないものだと、心のどこかでは思っている。
たぶん自分も含めて。

しかし映画はその毒をただ垂れ流しはしない。
むしろ映画言語を知り尽くした手練れの監督として、ひたすらスタイリッシュに映画に形を与えていく。
それを支えているのは確かな知識と技術だ。
そこにユーモアもまぶして。
かくして芯に毒をはらみながら映画は見事なエンターテイメントとして成立している。
とても英国的だ。

たぶんそれがマシュー・ヴォーンの人間観でもあるのだろう。
人間の核にはどうしようもない攻撃性や狂気が存在している。
一皮むけば互いに殺し合うしかない凶暴な存在だ。
しかしそもそも人間はむき出しの状態で生きているわけではない。
その狂気を人間は教育によって、作られた理性によって、訓練された自律心によって飼いならす。
かくして芯に毒をはらみながら人は優しくもなれるのだ。
マナーが人間を作る、というのはそういうことだ。
とても英国的な人間観だ。

この一見荒唐無稽な映画が奇妙に説得力を持つのはその人間観と映画の構造に整合性があるからだ。
そういう作品は強い。
そして芯に毒があることは表現者にとっては強みなのだ。

ところで僕は「キングスマン」という邦題が今ひとつしっくりこない。
「KINGSMAN」をカタカナ表記すれば「キングズマン」だろう。
そこはちゃんとするのが英国的だと思うんだ。
ハリーは「発音は関係ない」って言ってたけどね。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。