アマハラ

維新派の舞台を初めて観たのは20代最後の日のことだ。1992年7月16日。屋内公演ながら強烈な印象だった。その秋に観た大阪南港での野外舞台版「虹市」ですっかりファンになってしまった。
あれからもう24年も経つのだと考えるとびっくりする。その間維新派の舞台は全部ではないがほとんど観ている。僕にとってそんな劇団は維新派しかない。
その維新派の主催者松本雄吉さんが今年6月に亡くなった。呆然とした。今年になって松本さんが維新派以外で演出をした「レミング」と「PORTAL」を観ていたので、なおさらショックだった。
だから秋の公演が予定通り行われることになったのを知ったときは嬉しかった。

維新派最終公演「アマハラ」を観た。
実は平城宮跡に来るのは初めてだ。こんなに広い平らな地面に何もない。壮大でありシュールですらある。
その何もない空間の中にいつもの屋台村が現れる。
維新派の屋外公演といえば屋台村だ。雑多で怪しげで祝祭的だ。
開演時間はまだ陽が残っている17時15分。舞台は巨大な船の形をしている。
静かに舞台が始まる。
平城京と遣唐使のイメージ。海を渡る人々。時は流れ明治期に南洋を目指した人たち。南の島々。野心。成功と挫折。そして戦争。
白塗りの少年たち、少女たち、帽子をかぶった女たち、言葉遊び、内橋和久さんの音楽、巨大な動く美術、舞台の向こうに広がるアマハラ。
クライマックスでは涙がこぼれた。
維新派の最後を飾るのにふさわしい舞台だったと思う。

舞台が終わった後もしばらく実駒と屋台村で名残を惜しんだ。
クロワッサン・サーカスの曲芸も楽しんだ。
維新派の舞台も屋台村ももう来ることはないんだな。
まだ実感が湧かない。
ありがとう、維新派。
そしてさようなら。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR