スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大映特撮ナイト 第3夜 「幽霊列車」

大映特撮映画を公開年代順に観る、3本目は1949年の「幽霊列車」。
柳家金語楼、花菱アチャコ、横山エンタツら、僕でも名前くらいは知っている落語家、漫才師が主演した喜劇映画ということで、特撮の幽霊がわやわや出て来る気楽な映画を期待していたらそういう映画ではなかった。
いや、いちおう喜劇なのだが、人間の欲望をわりとあからさまに描いた、戦後の混乱期の世相を反映した感じの映画。
雨の夜、山間の駅で足止めを食らって駅舎に泊まることになった一癖も二癖もある乗客たちのコミカルでサスペンスフルな群像劇に幽霊列車というアイテムが絡む。
登場人物の一人である傷痍軍人の盲人に「連中は、エロとグロと迷信に固まっているんです」というようなセリフがあるけど、そういう欲に惑う人々を少し引いた視点から見ている。
ネタバレになっちゃうけど、ホラーではなくミステリー。
幽霊出てきません。
エンタツ・アチャコは初めてちゃんと観るけど、この存外重い映画の中のコミカルパート担当。
映像は今観てもなかなかかっこいい。
夜のシーンがほとんどなのだが光と影の処理が巧みで美しい。撮影は宮川一夫。
特撮は回想の列車事故のシーンなど。円谷英二によるものだそうだ。
でも一番の見所は日高澄子演じる狂女(実際には違うんだけど)がラジオから流れる「東京ブギウギ」に合わせて踊りまくるシーンじゃないかな。ここは面白い。
オープニングとエンディングにかかる変な主題歌も聞きどころ。

次回は同じ1949年の「透明人間現る」。やっと特撮映画らしくなるのかな。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。