スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重い映画二本立て(2)

二本目は園子温監督の「冷たい熱帯魚」。
いやこれは凄まじかった。
「白いリボン」が静謐な映像で人間の裏側にある悪意を描いた作品であるのに対して、こちらはむき出しの暴力と悪意。
映画を観た後しばらく息が上手く出来なくて足元がふらふらした。
映画を観てこんなに肉体的に疲れたのは初めてだと思う。
ちょっとだけネタバレ。

映画は埼玉の愛犬家連続殺人事件などに取材したクライムストーリー。
でんでん演じる村田の犯罪に吹越満演じる平凡で気弱な男が巻き込まれていく。
まずこのでんでん演じる村田の存在感がハンパない。
人のよさそうなおじさんとして登場して、人の弱みに付け込む残忍な殺人鬼に豹変する。
本物の詐欺師、犯罪者とはまさにこんな感じなんだろうと思わせるリアリティー。
全体として異常な世界の中で吹越満の平凡さが実に際立っている。
その吹越満の壊れていく演技も素晴らしい。

吹越満は冷静に考えれば途中で逃げ出すチャンスも通報するチャンスも何度もあったのだが、結局恐怖にとらわれて逃げ出せない。
実際の暴力に晒されたら普通の人間はそうなるのではないか。
そしてでんでんの村田はそのことを熟知している。
僕も食い物にされるタイプの人間だな、と感じた。

この映画は気弱な父親が最後は暴力に立ち向かう成長物語ではない。
最後まで救いのないまま映画は終わる。
あまり軽い気持ちで観にいかない方がいいかもしれない映画。
でも傑作。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。