大映特撮ナイト 第5夜 「氷柱の美女」

DeAGOSTINIの大映特撮映画DVDコレクションを公開年代順に観ていく一人上映会、第5回は1950年公開の「氷柱の美女」。
原作は江戸川乱歩の「吸血鬼」で、後に天知茂主演のTVシリーズ「江戸川乱歩の美女シリーズ」第1作としてリメイクされている。
らしいのだが、原作も未読で天知茂のTVシリーズも観ていないという体たらく。
お陰で先入観なく観れた(言い訳)。

江戸川乱歩の「吸血鬼」には吸血鬼が出てこない、というのは知っていた。冷酷無比な犯人に対する比喩なのである。
大映はこの頃盛んに探偵スリラー映画を作っていたらしく、すでに観た「虹男」「幽霊列車」「透明人間現る」もミステリー色の強い作品だったし、このDVDコレクションには入っていないけどこれ以前に多羅尾伴内ものがあったりする。
戦後GHQにチャンバラ映画が禁止された代わりに現代劇のミステリーが多く作られたらしい。

嵐の晩、二人の男が一人に女性・静子を巡って争うシーンから物語は始まる。静子は紳士然とした三谷を選び、顔に大きなあざのある画家岡田は復讐を誓う。
しかしその岡田は顔面に大きな怪我をした投身自殺死体として発見される。
そこから話は二転三転し、怪しげな人物が次々現れ、奇怪な事件が次々起こる。
原作を読んでいないので、どこまでが江戸川乱歩のアイディアでどこからが脚本家の独創なのか分からないが、かなり盛りだくさんでサービス精神旺盛な作品である。
「一寸法師」とか「せむし女」とか今だと問題のある描写もしばしば。

物語は概ね静子の旧友で明智小五郎の助手である文代の視点から描かれる。
強い女性はこの時期の大映ミステリーの特徴だったのだろうか。「虹男」の女性記者、「透明人間現る」の男装の麗人と同じ趣向だ。
文代役の相馬千恵子は長身で明智役の岡譲二とほとんど変わらない。もしかすると文代の方が背が高いんじゃないだろうか。
この映画の明智小五郎はオールバックでスタイリッシュなイメージ。少しだけど小林少年も出てくる。原作は小林少年の初出作品だそうだ。

この映画も特撮映画、というほど特撮が出てくるわけではないんだけど、特殊メイクが一つの売りになっている。謎の「唇のない男」のメイクも不気味で猟奇的。
中盤のお化け屋敷のシーンはけっこう本格的に怪談映画のノリである。ここが一番の見どころかも。

タイトルになっている「氷柱の美女」は当時の宣伝でも「裸女氷詰めのクライマックス」と謳われているのだけど(ネタバレ気味)、ちょっとあっけない。
たぶんここは原作とは違っているんじゃないかな。
とりあえず原作買って読んでみます。

次回は「鉄の爪」。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR