スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マグニフィセント・セブン

「マグニフィセント・セブン」を観た。
「七人の侍」と「荒野の七人」をベースに現代的な視点も入れた西部劇。

一見して分かるのは人種的多様性をかなり意識していることで、リーダーのチザムがアフリカン・アメリカン、他に東洋人、ネイティブ・アメリカン、メキシコ人がいて、白人も一人はフランス系、もう一人がアイルランド系、もう一人のっジャック・ホーンだけはっきり分からない。
時代を反映した設定と言えそうだが、やや無理もある。特にコマンチ族のレッド・ハーベストが仲間に加わる理由がよく分からない。ネイティブ・アメリカンをたくさん殺しているジャック・ホーンに対してどういう感情を持っているのかも描かれず、せっかくの設定がかなり雑に扱われている感は否めない。

僕なら女性ガンマン入れるよなあ、と予告編見て思ってたんだけど、その部分のフォローはちゃんとなされている。ヒロインのエマが最初に出てきた時は地味な人妻なのが映画の進行とともに変わっていくところは見どころの一つ。すごく美人というわけではないのもいいし、エマと七人の誰かの恋愛には全く発展しないのもいい。そういう要素をこの映画は全く入れていない。でも七人に女性入れるのはやっぱりありだったと思うけどな。

この映画の最大の萌えポイントはイ・ビョンホン演じるビリー・ロックスとイーサン・ホーク演じるグッドナイト・ロビショーの関係性だろう。ちょっと「ローグ・ワン」のチアルートとベイズの関係を思い出した。東洋人は最近は萌え要員なのか。イ・ビョンホンは本当にかっこよすぎるくらいかっこいいし、イーサン・ホークの戦争トラウマを抱えた元狙撃兵もいい。そしてその二人が互いに信頼しあっている関係性は腐男子ならずともぐっとくるものがある。ていうか狙ってるだろこれ。

実は「七人の侍」は何回か観てるけど「荒野の七人」をきちんと観たことがない。「七人の侍」「荒野の七人」「マグニフィセント・セブン」と続けて観たらまた違った見え方をするのかもしれない。あ、「宇宙の七人」ってのもあったね。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。