大映特撮ナイト 第8夜 「怪談深川情話」

実は新作映画もいろいろ観てるんだけど最近感想書いてない。つまらなかったわけでは全然ないんだけどな。

で、今回も大映特撮映画を制作年代順に観ていく一人上映会のこと。第8回は1952年の「怪談深川情話」。脚本・監督は犬塚稔。僕は海外の古典ホラー映画がわりと好きなんだけど、日本の怪談映画をあまり観ていない。中川信夫監督の「東海道四谷怪談」が印象に残っているくらいで、ほとんど白紙に近い状態。そういう意味でこれから何本か続く大映怪談映画はかなり楽しみにしいてたのだ。

さてこの映画、ものすごく上品な怪談映画だった。この映画は戦後初の本格的な怪談映画だそうだが、物語の終盤になるまではしっとりとしたメロドラマを観ている感じだ。

時は明治。踊りの師匠の吉登世と年下で純粋な若者新吉の恋物語に新吉の親方、熊本組の傅次郎と吉登世のお弟子さんのお久が絡む。傅次郎は惚れた女を手下の新吉に取られて面白くない。好色で強引な男である。若く清純なお久は新吉に何度も危ないところを助けられて憎からず思っている。新吉と結ばれた吉登世はお久と新吉の仲を疑って嫉妬に駆られる。それにうんざりした新吉に別れ話を切り出され、追いすがったところで転んだ吉登世は顔に怪我をする。ここらからやっと怪談らしくなる。

心理描写が丁寧で品のいい撮影と相まって上品な文芸映画のようだ。顔に怪我をするくだりが92分の映画の60分くらいのところで、そこまで扇情的な要素は全くと言っていいほどない。

顔の怪我が元で寝込んだ吉登世を新吉は献身的に看病する。そこに傅次郎がよからぬ企みを持って忍び込み、吉登世の顔に驚いたのか、はずみで切ってしまう。はずみで切るなよ。顔の怪我ったってお岩さんみたいに凄いことになっているわけではないのである。折り悪く、その時新吉はお久とこっそり出かけていた。なかなかに後ろめたいシチュエーションである。と言ってもそこも上品で、うどんを食べながら身の上相談に乗っていただけである。責めるのは酷というもの。しかし嫉妬に駆られた吉登世の亡霊には通じない。

亡霊が出てきてやっと特撮の出番である。と言ってもうどん屋に現れた吉登世は普通の人間の姿をしていて、普通に人力車に乗せられ帰宅する。家に帰り着いた吉登世がすーっと消えるシーンが最初の特撮シーンだが、怖いというより綺麗な絵に仕上がっている。その後は傳次郎に切られたと思った新吉が手下の男だったり、お久と思ったら吉登世の姿に変わっていたりと、吉登世の亡霊に人の姿を違って見せる力があるのか、罪悪感から幻覚を見るのか、目まぐるしく人物が入れ替わる。このあたりがこの映画の最大の見せ場。倒れているお久を新吉が抱き起こし、しがみつくお久がいつの間にか吉登世に変わっているというシーンをワンカットで見せるところがある。当然途中でカメラを止めてなるべく人や背景が動かないようにしながらお久と吉登世を入れ替えているのだろうけど、一見しただけでは分からない、手品のようなシーンだ。川に落ちたお久を新吉が引き上げると吉登世に変わっているシーンは特撮と言うほどではないが、白黒映画の黒い水はなかなかに不気味だ。照明も上品ながら雰囲気を盛り上げている。

元になったのは「真景累ヶ淵」だそう。大映には1960年に「怪談累が淵」があるのだが、なぜかこれも DeAGOSTINIのコレクションには入っていない。セレクトの基準が今ひとつよく分からないな。次回はDeAGOSTINIのコレクションに漏れていた「大あばれ孫悟空」を観る予定。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR