サマーウォーズ

秋になってしまったが、「サマーウォーズ」を観にいった。
「時をかける少女」の細田守監督の新作だ。
「時をかける少女」も夏の映画だった。
夏の似合う監督だと思う。
さわやかだ。
物語は片田舎の旧家と仮想現実の世界という両極端な世界を舞台に繰り広げられる。
仮想現実の世界の方は主にCGで描かれる。
アメリカの3DCG映画は、基本的に自然主義のリアリズムが主流だけど、この映画のCG世界は、CGがなければそもそも誰も想像しなかったような、全く新しい映像だ。
これと手描きアニメーションの自然主義のコントラストがこの映画の見所の一つ。
青春物語としても群像劇としてもよく出来ている。
基本的に人間の善意を信じている性善説がこの映画の根底にあって、そこが好き。
僕はコンピューターの方はからっきし分からないので、そういう方面から見てこの映画にどの程度リアリティーがあるのか、無理があるのかよく分からないんだけど、少々の無理はセンスのいい映像でカヴァーできていると思う。
とても気持ちのいい映画だった。
細田監督、次回作も期待しています!
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR